オーナーズブログ

鳥のさえずりが聞こえる、明るいシュークロークのカーテンです。

京都のカーテンSHOP「シービーソウム」がお届けするインテリアブログです。  こんにちは、吉川です。前回に続きまして、大津市にご新築されましたWさま、 今日は玄関先の間仕切りカーテンをご紹介いたします。  ここ最近、シュークロークがウォークインになっている玄関をよく見かけますが みなさまその間仕切り方法には苦心されているようです。  閉めきっちゃうと狭くなるし、丸見えもみっともないし。というわけです。  どんなふうになっているかお分かりでしょうか?  今回、Wさまにご採用いただきましたのは、厚手とレースがペアになったコーディネート ファブリック、住江織物の国産プリントカーテンです。    こうです(^^)  間仕切り部分には透明感のあるシアータイプを、そして室外に面した窓には 厚手のドレープ生地をそれぞれお選びいただきました。  シュークローク側からみたところです。夜間の目隠しを考えて、窓のほうは 透けないタイプの生地を取り付けました。遮光生地ではないので、クロークの 中はカーテンを閉めていてもじゅうぶん明るいですね。  海外、国産とかの分け隔てをすることなく、デザインや機能により、その場所に あったカーテンを選んでいただくことができるのも、国内外の多くのブランドを 扱っているファブリック専門店、そして幅広く知識を持ったスタッフがいるお店 だからこそのコーディネート。  取り扱いアイテムが多岐にわたるほど、お客様のセンスを最大限に活かした インテリアづくりが出来るということでもあるのです。  Wさまには他のお部屋も含めすべての窓のカーテンをご採用頂きました。 どれもセンスよく、おうちにフィットした素敵な生地をセレクトいただいて おります。  Wさま、このたびは当店をご指名いただきまして誠にありがとうございました! ブログランキングに参加しています。どうぞ下のボタンのどちらかひとつ、押して いってくださいね! にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ facebookをされている方はCBSOWMのフェイスブックページにも「いいね!」してくださいませ! 下の「Facebook」のボタンを押した後、CBSOWMのfacebookページにある「いいね!」ボタンを再度押して下さい。 お友達も歓迎ですので、一言メッセージを添えてリクエストしてくださいね^^