オーナーズブログ

3連シェードのプロポーションを作る2つの理由 Villa Nova「norwood」

京都のカーテンSHOP「シービーソウム」がお届けするインテリアブログです。 こんにちは、吉川です。海外取り寄せのファブリックが、間に合う?間に合わない? 生地は届いても、縫える?仕上がったとして、取付は誰が??(笑) 毎年の繰り返し、こんな焦りを感じはじめたらもうお正月はすぐそこです(飛ぶな!)。 残り半月、元気と笑顔で頑張りましょう(^0^)/ ではいつもの施工例ブログ、今日ご紹介いたしますのは京都市内にご新築のKさまの リビングダイニングのスペースです。 ご家族団らんでおくつろぎのため、ちょっとズームイン目な写真が多くなりましたが・・ CBSOWMが販売代理店をしておりますVilla Novaのファブリック。 「norwood」と名付けられたデザイン。どう見ても、まつぼっくりですね(^^) 松という植物は日本固有のものではないのですが、なぜか日本の風景によく溶け込み、 ある意味、和と洋を折衷させる役割を持っているのかもしれません。 今回、同じ大きさの3連の窓にプレーンシェードにてご採用頂きました。 両側がまつぼっくり、真ん中だけは無地にしています。 これには2つの理由がありまして、ひとつは柄物だらけでクドくならないように、 そして掃出窓の無地カーテンとおそろいにすることでプロポーションを整える、という のがひとつ。 もうひとつは、縦長の2つのシェードであれば、1枚の布を半分の巾に切ってお作り できるので、無駄がなく、コストが抑えられるという理由があります。 3つ作ると、これの2倍の生地が要る上に余っちゃうわけです。 柄合わせは、あえてしないことで、よりリズム感を強調しています。 いかにふたつめの理由を感じさせず、ひとつめの理由で素敵に魅せるか?ファブリック の専門店では、そんなアイデアとセンスが求められます。 レースはシェードの溜まりの裏に突っ張り棒で留めるカフェスタイル。レースを 上げ下げすることが少ない場合、ダブルシェードに比べて大幅なコストダウンが 可能になります。 それにしても、イギリスのインテリアらしいイエローとグレーの組み合わせの クールさ、そしてブラウンとのコンビネーション、素晴らしいバランスですね。 Kさま、このたびは他のお部屋も含めトータルなご採用をいただき、誠にありがとう ございました! ブログランキングに参加しています。どうぞ下のボタンのどちらかひとつ、押して いってくださいね! にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ facebookをされている方はCBSOWMのフェイスブックページにも「いいね!」してくださいませ! 下の「Facebook」のボタンを押した後、CBSOWMのfacebookページにある「いいね!」ボタンを再度押して下さい。 お友達も歓迎ですので、一言メッセージを添えてリクエストしてくださいね^^