オーナーズブログ

ナニックのウッドカラードブラインド、そしてまたまた1本吊り。

京都のカーテンSHOP「シービーソウム」がお届けするインテリアブログです。 こんにちは、吉川です。今日ご紹介しますのは京都市内のIさまの施工例です。 今回は、ご新築時に付けられたカーテンの掛け替えをご依頼頂きました。 リビングのレースカーテンがビリビリに破れてしまって・・というIさま。 陽射しが強いのでちょっと厚めのレースへ吊り替えです。 前回のブログに続いて登場のVilla Nova「Kabuki Sheer」。 こんなにざっくりと質感たっぷりなのにポリエステル100%ですので 天然素材の綿や麻より耐久性に優れます。 ドレープはそのままですが、レースを一新するだけで違うお部屋のように 生まれ変わりました(毎日いるわけではないので想像ですが・・・)。 陽射しを浴びてさり気なくキラりと光る光沢糸がとてもきれいです。 実は、この「Kabuki Sheer」も、「Kabuki」コレクションの中から 唯一サンプルを挿入した「1本吊り」のアイテムです。(前回参笑)。 コレは良い!と信じて揃えたもののほうが、やはりお客様にも 届くようです(^^) グリーン、アイボリー、シルバーグレーという3色のストライプの 繰り返し。どの角度からもどれかの色が見えてワンダフル。 そして、2つ並んだ子供部屋の窓には、ナニックの木製ブラインドを お付けしました。 標準色で73色を揃え、注文後にカットして一から塗装を施すという こだわりのブランド「nanik」の高品質な木製ブラインドです。 ひとつめは「パスィフィック」。大海原を連想させる、味わい深い マリンブルーです。 木目を活かしたステイン仕上げは、国内のどのメーカーにも真似の 出来ないもの。1枚ずつ異なる木の表情をつぶすことなく残した表現が、 こんな鮮やかな色合いでも不思議な落ち着きと高級感を漂わせます。 もういっぽうは「シトラス・グリーン」。元気の出るビタミンな色彩で、 お部屋を元気にしてくれそうです。 プライバシーに配慮して本棚は画像処理していますm(__)m こちらも1枚1枚の表情の違いがわかる、上質なカジュアルインテリアです。 いかがでしたでしょうか?例によってBeforeの写真を撮り忘れましたので 違いがわかりませんが^^; カーテンやブラインドにちょっとこだわってみると またいつもと違う素敵なお部屋が生まれてくるのです。 さてさて、実は。Iさまはボクが高校生の時にいたバンドでコーラス隊(笑) をしていた子。(子、て!笑) 知らないうちにプロとしてCMソングを歌っちゃってたりもしてたそうです(^o^;) それから30年近く(?)ぶりに同窓会関連のイベントや、昨年開催しました 「ムスンデヒライテ」などで再会したりと、ほんとに長い間ぶりのご縁があり、 今回ご依頼をいただきました。 多くのまわりの方々とのつながりつながりもあってご縁をいただき、またこういう 仕事をしていて喜んでいただけることはほんとうにありがたく、うれしいです。 Iさま、このたびは誠にありがとうございました!また美声を聞かせてくださいね。 ブログランキングに参加しています。どうぞ下のボタンのどちらかひとつ、押して いってくださいね! にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ facebookをされている方はCBSOWMのフェイスブックページにも「いいね!」してくださいませ! 下の「Facebook」のボタンを押した後、CBSOWMのfacebookページにある「いいね!」ボタンを再度押して下さい。 お友達も歓迎ですので、一言メッセージを添えてリクエストしてくださいね^^