オーナーズブログ

ADOの美しくてタメ息の出るシアーファブリック、&・・・

京都のカーテンSHOP「シービーソウム」がお届けするインテリアブログです。  こんにちは、吉川です。  最近、リフォームのお仕事でお声を掛けていただくことがちょっとずつ 増えてきました。インテリアコーディネーター2名、二級建築士2名(重複 あり)の所帯の割に、まったくアピールできてませんので、リフォームを されてからカーテンを買いにCBSOWMへ来られるときには、もうほぼ出来 上がっている状態。  いろいろお話していますと「なんだか納得行ってないんですー」という方も 多く、実際現場へ伺うと、大層ざんねんなことになっているケースも・・・  いや、そういう具体的な話は置いといて。まだこれからリフォームという 方は、インテリアのことならなんでもお問い合わせくださいね。  さて、そんな前説を気どりながら実は今日もカーテンのブログです(^^ゞ  本日ご紹介致しますのは、京都市内のマンションをご購入されました Mさまです。  ご採用いただきましたのは、美しすぎてタメ息が漏れちゃうシアーカーテン。 ポリエステル100%という機能的な商品ながら、繊細なデザインと豊かな 味わいを持つ素晴らしいファブリックです。  ドイツのADOというブランド、ONDA というデザインです。 二重に織られた生地で、ウェーブになった部分は飛ばした糸をバックカット しています。光が透過するとまるで輪郭が滲んでぼやけたような柔らかな カーブが浮き上がります。  フロントに配したレースカーテンの奥の生地は、国産品でアスワンの商品。  国内の他社のメーカーさんに「海外モノです、いいでしょ?」と言うと、 すべての方が信じます(同業者さん、こんな意地悪しちゃダメですよ(;・∀・)  レースを手前にするときは、夜間はタッセルでくくってしまうのもありです。 バックのドレープの表情や、レースのボリューム感を楽しめて、昼間とは また違ったインテリアを演出することが出来ます。  よく見ると濃淡のツインカラーのタッセル、ビーズ付き。これもシアーな ファブリックとの相性が良いですね。  いかがでしたでしょうか。ヨコ巾4.5mの大きな窓に流れるようなラインが 印象的なデザイン、ほんとにタメ息しか出てこない惚れ惚れする美しさでした。  明るい真っ白もあるのですが、ダークな床に合わせてシックなベージュを お選びいただいたのもとても効果的で、バックの白いカーテンとのコンビネー ションは半端無かったです。  2ヶ月近くもお待たせしてしまっての納品でしたが、他には替えの効かない アイテムで、申し訳ございませんでした。  あらためましてMさま、このたびはご採用いただきましてどうもありがとう ございました! ブログランキングに参加しています。どうぞ下のボタンのどちらかひとつ、押して いってくださいね! にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ facebookをされている方はCBSOWMのフェイスブックページにも「いいね!」してくださいませ! 下の「Facebook」のボタンを押した後、CBSOWMのfacebookページにある「いいね!」ボタンを再度押して下さい。 お友達も歓迎ですので、一言メッセージを添えてリクエストしてくださいね^^