オーナーズブログ

生地にこだわって可愛く美しいカーテン選びを。 

京都のカーテンSHOP「シービーソウム」がお届けするインテリアブログです。 こんにちは、CBSOWM吉川です。 お久しぶりの施工例です。 カーテンの専門店に足をお運びいただき、プロのインテリアコーディネーターや 窓装飾プランナーに相談いただく。 という場合でも、カーテンのスタイリングにこだわられる方と、スタイルよりも 生地そのものにこだわられる方がいらっしゃいます。 2つをバッサリ分け隔てられるわけではないですけれども。 後者の場合は、お店の品揃えがまず重要で、さらにその中からいかにお客様に 喜んでいただくアイテムをご提案できるかもまた同じくらい重要です。 そして、例えばそんなお客様にご採用いただいたカーテンの施工例をブログ に掲載するときは、やはりその生地の持つ魅力を最大限写真に焼き付けて、 ご紹介しなければと思ってます。 という前置きを言い訳にして(^o^;)到底プロとはいえないボクの腕とカメラで 切り取った美しくも素晴らしいファブリックの数々をご覧頂きましょう。 今日の施工例は、ご近所におすまいのSさまです。 すべてのお部屋に、それぞれシーンにあわせたファブリックをうまく選びとって いただきました。今回は「生地」にフォーカスしてご紹介させていただきます。 リビングには五洋インテックスのインハウスより「CROIX」。 タイのファブリックです。 ベースの部分だけシワ加工が際立つ、不思議な組織の織物です。控えめな ゴールドと淡いグリーンの調和がとてもやさしく感じられます。 2Fの寝室にはイギリス、CLARKE & CLARKEの「MELLOR」。 コスモスのような可憐なお花が咲き乱れた生地のベースは麻使い。 今回の撮影は逆光ですべて色が暗めに写っておりますが、実際には 明るくて可愛らしいイメージのファブリックです。 レースはこちらもインハウス「SALICE」。トルコ刺繍です。 風にたなびく様子はさわやかで、カーテンの醍醐味です。 2F、お隣のフリースペースにもClarke & Clarke 「CHATBURN」。 コットン100%のストライプの織物です。椅子生地にも使える しっかりした生地が存在感を放ちます。 2Fにもうひとつ、お嬢様の寝室は、これもCLARKE & CLARKE「Sawley」。 おなじ麻使いのファブリックに刺繍をほどこしたものですが、こちらは 曲線で構成された幾何柄。 ポコポコとしたエンブロイダリーがキュートで華やかです。 レースはドイツのADO社のボーダー柄。刺繍と同じラズベリーカラーを キーに、ブラウン、イエロー、グレーというアーシーでおしゃれな配色です。 これは壁面収納の目隠し用のカーテン。天井からヒダ無しのフラットで 吊り下げて、壁のようにしています。 が、、こんなふうに洗いざらしのようなシワのあるファブリックで 表情を微妙に持たせています。 国産品ですが、海外ブランドのカーテン製作も手がけるメーカーの 素晴らしいアイテムです。 こんなかんじの収納です。中にアクセントクロスが見え隠れする ちょっと小粋なコーディネートにもなっています。 さて、実は2Fの各部屋のClarke & Clarkeのカーテン、すべて ひとつのコレクションBOOKからのセレクトなのです。 CLARKE & CLARKE 「Ribble Valley」 全部バラバラのようで、おうちの中でストーリーを組み立てたり、 統一感を出したりすることができるのが、輸入ファブリックならではの コーディネート。 みなさまもCBSOWMできっとお気に入りのコレクションに出会えると思います。 Sさま、このたびはご採用いただきまして、誠にありがとうございました! ブログランキングに参加しています。どうぞ下のボタンのどちらかひとつ、押して いってくださいね! にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ facebookをされている方はCBSOWMのフェイスブックページにも「いいね!」してくださいませ! 下の「Facebook」のボタンを押した後、CBSOWMのfacebookページにある「いいね!」ボタンを再度押して下さい。 お友達も歓迎ですので、一言メッセージを添えてリクエストしてくださいね^^