オーナーズブログ

Villa Novaの麻&刺繍カーテン +Baumann symphonia

 京都のカーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
ファブリックとインテリアのブログです。

 世界のファブリックをご紹介するシリーズ、今日で5回目ですね。

 第3回でもご覧いただきました、イギリスのブランド「Villa Nova」。

 先日もお伝えしましたとおり、CBSOWMは京都・滋賀地区で唯一の販売店
でありまして、ほかではお目にかかれないだけに、こんなの見た事無いです
とおっしゃっていただくケースが多いのです。

 メーカーさんの見本帳はさんざん見尽くして、もー疲れたわという方にも、
ぜひオススメです(笑)。

 さて、今回ご採用いただきましたのは、フレンチカントリーのような、
素朴で味わいのあるおうちご新築をされましたYさま。

 スイッチや取っ手の一つ一つまでこだわりぬいた、それはもうたいへん
素敵なお住まいです。

11-1

 そのリビングにご採用いただきましたのがこちら、Villa Novaの
コレクションから「Flori」です。

 天然の麻100%の素材感、光沢のある糸を使った刺繍、なんとやさしく
美しいテキスタイルでしょう!

11-2

 陽にかざしたときの透けた感じも麻ならではの風合いが、規則正しい
化学繊維の織物とはまったく異なります。

11-3

 アップでご覧ください。Villa Novaの刺繍は、リーズナブルでありつつ
美しい仕上がりです。

 レースカーテンは、クリエイションバウマンの超定番シアーファブリック
「SINFONIA(シンフォニア)」。
 このレース、とにかくやわらかくて軽い。一度触ると、なかなか他に
は行けません。
 写真では真っ白のありふれたレースに見えるかもしれませんが、いや、
レース好きの方なら、このキメの細かさ、柔らかさはきっと伝わると
思います。

 白、無地、だからこそ、こだわりたい。。その気持ち、わかります(^^

 イギリスのヴィラノーヴァと、スイスのバウマン。

 ナチュラルエレガンスというテイストで統一された、やさしく、
そして美しいコーディネートの完成です。

11-4

ライティングにより、グッと落ち着いた癒しの空間も作り出せます。
同じ昼間でもイメージが変わりますね。

 CB SOWMでは、メーカーやブランド、国の枠組みを超えて、自由に
楽しく、カーテン選びをしていただくことを心がけています。

 Yさまのカーテンコーディネート実例のご紹介は、もう少し続きます!
では、また次回に。

 今日のブログ、面白かったと思われた方はどうぞ下の3つのバナーのうち
お好きなものをおひとつ、押して行ってくださいね!

にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ インテリアファブリックへ