オーナーズブログ

オズボーン&リトルのモダンなフラワーデザイン

 京都のカーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
ファブリックとインテリアのブログです。

 世界のファブリックをご紹介するシリーズ、ようやく4回目です。

 今回もイギリスから、osborne & Littleのファブリック!

 ブリティッシュモダンデザインの大御所として、ヨーロッパでは
賞を取ったりもしている人気のブランドが「オズボーン&リトル」です。

 京都市内にご新築されましたSさまのリビング・ダイニング。

12-1

 いろんなパターンがあるのですが、中でもフラワーデザインの
洗練度は際立っています。

 傘下のニナ・キャンベルやロルカのコレクションも加えると、
驚くほどのバリエーションということになりますね。

12-2

 カーテンレールはこれも人気の高いレガートスクエア。

12-3

 カーテンボックスふうのレールはすっきりと格調高く、また
端部はリターン仕様で光漏れを防ぎます。

 実はこの生地も前回ご紹介のvilla novaと同じく、素材はリネン
&コットンで、今回は透過性を抑えることと、耐久性を考慮して
遮光ではない裏地を付けさせて頂きました。

 遮光ではない裏地?とおもわれる方もいらっしゃるかもしれませんが
これも海外では意外と当たり前に使われています。

12-4

 デザイン名は「dunloe」。アイルランドにある渓谷の名前に
ありますが、それが由来かどうかは未確認^^;

 なんとなく、しっかりとした茎や細身の葉っぱが渓谷に咲く
花を感じさせますが、これ以上素人があやふやな推測で花を
語るのは危険ですm(__)m

 素人ながらに注目したいのは、やはり配色です。葉っぱの
グリーンが、濃いグリーン、黄緑、そして、ターコイズブルー。

 お花も赤と紫に加え、このアクアっぽい色がすごく特徴的!

 こういう「なにげにすごい」組み合わせが、ただクラシック
な「お花柄」とは違う、ブリティッシュモダンの香りを感じさせて
くれるのでしょう。

12-5

 ダイニングテーブルの配置も考慮して、腰窓はナチュラル
カラーのロールスクリーン、プラス枠内にレースカーテン。

12-6

 さらにキッチンの小窓にはリビング・ダイニングと同じ
レース生地を使ってカフェカーテンを。

12-7

 裾にレーストリムをつけてマクラメふうにアレンジ。

12-8

 このひと工夫が、お部屋全体のときめきにつながりますね! 

 毎日の暮らしに、こんな素敵なファブリックがあるなんて、
楽しくて仕方ないことだと思います。 

 ファブリックのデザイン、スタイリングでのデザイン、楽しみ方は
本当に様々ですね。
 CBSOWMでは、いろんな楽しみ方をご提案させて頂いてます。

 Sさま、この度はご採用いただきまして誠にありがとうござい
ました! 

 今日のブログ、面白かったと思われた方はどうぞ下の3つのバナーのうち
お好きなものをおひとつ、押して行ってくださいね!

にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ インテリアファブリックへ