オーナーズブログ

NONOのファブリックで作るオリジナルのオットマン

 京都のカーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
ファブリックとインテリアのブログです。

 突然ですが、今日はボクの誕生日でした。H24年の4月の4日に44歳に
なりました。なんか4ばっかりで不吉やなぁと思っていたら、同い年で
同じくカーテンショップを経営してる友人から「4あわせいっぱいの年
になりますよう」なんて粋なメッセージをいただきました。

 そんな発想、ボクには無かった(*_*;

 Sさん、ありがとう。

 なぜか分かんないのですが、同い年でカーテンショップやインテリア
の団体で頑張っている仲間がボク以外にナント6人もいるのです。
 みんな素晴らしい人達ばかりで、彼らの活躍にボクも日々励まされ
前を向いてるとも言えます。同級生や、同い年って、ほんとに不思議
ですね。

 もう、アラフォーとさえ言えない歳になってしまいましたが、みんな
頑張ろなー(笑)

 と、いうことで前置きはこれくらいに、施工例の続きです。

17-1

 ブリティッシュモダン・ファブリックのNEWブランド「NONO」の
GYPSYコレクションより、まずはプレーンシェードのご紹介です。

 先日にもご紹介させて頂きました、ブルー&パープル系のボーダー
柄のカーテン生地での、今度はシェードでのご採用です。

17-2

 同じ生地でも、ヒダのあるなしで随分と雰囲気が変わりますね。
バックにはナチュラルなレースカーテンも取り入れて頂きました。

 そして前回にチラリとお見せしましたこちらは・・・。

17-3

 Hさまとカーテンを打ち合わせしている最中のことです。

 「オットマンを探しているのですが、なにかいいものはありませんか?」
とのお話をHさまよりいただきました。

 「CBSOWMでは家具も扱っているのですが、いかんせん現物の展示に
まではいたっておらず、カタログでのご提案になりますが・・」

 というところから話が始まりまして、ご希望のデザインやサイズなど
をお聞きしているうちに、

 「じゃあ、このGYPSYで作っちゃいましょう!」

 ということになりました(^^)

17-4

 お好きなサイズに木を組んで、ウレタンを入れて生地を張る、
それだけのことなので、有名デザイナーや高級ブランドの家具ほどの
高価なことにはなりません。
 もちろん既製の大量生産される家具よりは少ししますが・・

 しかし確かなのは、世界にたったひとつしかない、オリジナル
家具である、ということです。

17-5

 今回、NONOのGYPSYコレクションの豊富なコーディネートBOOKから
生地を2種類、上下に分けてお選び頂きました。

17-6

 生地の無駄を省くため、カドで継ぎ接ぎをするカタチではありますが、
そこは当店の依頼している椅子張り職人さんの腕の見せどころ。
 ご覧いただけますように、めちゃくちゃ美しい仕上がりです!

17-7

それから、さきほどのプレーンシェードのボーダー生地と色違いで
丸型のクッションを。

17-8

同じコレクションから選べば、色やデザインが変わっても必ずうまく
コーディネート出来るのが、海外のファブリックな魅力なのです。

 家具を作るとか、お好きな生地を張るなんて、とんでもなく面倒で
高くて厄介だと思われる方がほとんどだと思いますが、決してそんな
ことはありません。

 せっかく、大好きなファブリックに出会われたのでしたら、ぜひ
ともいろんなカタチにして、お部屋のインテリアに寄せてあげて
ください。

 Hさま、このたびは素敵なカーテンコーディネイトのお手伝いを
させていただくことが出来、ありがとうございました。
 オリジナルのオットマンの使い心地はいかがですか??

 このたびはご採用をいただきまして誠にありがとうございました!

 今日のブログ、面白かったと思われた方はどうぞ下の3つのバナーのうち
お好きなものをおひとつ、押して行ってくださいね!

にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ インテリアファブリックへ