オーナーズブログ

英国発のブランニュースタイル「NONO FABRIC」

 京都のカーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
ファブリックとインテリアのブログです。

 昨日マリメッコのゾウさんをご紹介させていただきましたSさま。

 今日はリビングにご採用いただいた素敵なアイテムをご覧いただき
ましょう。

 CBSOWMでもずいぶんと以前から取り扱っています英国のトータル
ファブリックメーカー、WILMAN(ウィルマン)。

 そのWILMANが新しく始めたブランドがNONO(ノノ)です。

 本国のホームページはこちらから↓
 http://www.nono.co.uk

 伝統的なブリティッシュスタイルをモダンにアレンジした本家WILMAN
をさらにさらに現代風にブラッシュアップしたかのような、洗練された
デザインと配色が目を引くシリーズです。

 そしてそのうちのひとつが、こちらのbook、「Gypsy」コレクション。

21-1

 昨今のヨーロッパでは、アフリカン、エスニック、無国籍風といった
トレンドが数年続けて見受けられましたが、この「gypsy」もまた、その
名の通り、ちょっとオリエンタルなエッセンスを含みながら、上質の
クォリティと鮮やかなカラーバリエーションで、独特の世界観を展開
してくれています。

 生地のほとんどが、シニール糸を使った重厚なモケット調の織物。
それでいて、重くて暗いイメージは微塵も感じさせず、高品質であり
明るく楽しく時にはとびきりかわいくインテリアを彩ってくれる、
稀有なコレクションです。

21-2

 例えばこのピンク配色。黒とショッキングピンクの組み合わせ、
驚くほどキュートで、全然安っぽくなっていないのがすごい!

21-3

 シックでかわいい?表現の難しい魅力に溢れたブルー配色。

21-4

 明るく爽やかさがありながら決して軽くならない落ち着き感が
大人な魅力のグリーン配色。

 この他にも配色は多様にありますが、どれも質感と色のバランスが
たまらなく素敵です。

 そして、Sさまにはこの中からブルー配色のボーダーパターンを
お選びいただきました。

21-5

 ブルーというより、青紫と赤紫、そしてグリーン、水色、アクセン
トにはゴールドと、豪華かつ派手さは抑えた、上質感にあふれた
ファブリックですね。

21-6

 あまりにしっかりしていて、かつしなやかな生地なので、ヒダ
たたみのクセがしっかりつきすぎてしまうほど。ある程度しばらく
すると自然に戻ります。

 それにしてもここ10年来、織物はどんどん細番手の糸で高密度に
織り込んだタイプの商品が主流になり、手持ち感の物足りなさを指摘する
お声も多く聞かれていました。
 そんないまだからこそ、こういったズシリとした重量感を求めていらっしゃる
方も多いと思います。

21-7

 Sさまには、CBSOWMのショールーム内でもひときわ輝いていた
この生地の吊り見本を手に取られて、ほとんど即決いただきました。
 多くのテキスタイルに触れられてきたからこそ、その魅力にすぐにハマっ
てしまわれたのかも・・。

 確かに、一度見てしまうと、なかなか代わりの効かない逸品です
もんね(^^)

 Sさま、このたびは素敵なインテリアのお手伝いをさせて頂く
ことが出来て本当にありがとうございました。

 またお店の方へ新しい生地と出会いに遊びにお越しくださいね。

 今日のブログ、面白かったと思われた方はどうぞ下の3つのバナーのうち
お好きなものをおひとつ、押して行ってくださいね!

にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ インテリアファブリックへ