オーナーズブログ

繊細に、大胆に。 ドイツのブランド「ADO」のシアーファブリック

 京都のカーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
ファブリックとインテリアのブログです。

 前回に引き続きまして、ドイツのブランド「ADO」のファブリックを
ご紹介!

 初めは京都の宇治市にあるマンションにお住まいのMさまの施工例です。

24-1

 今回も植物をモチーフとしたシアーカーテンから。。

24-2

 縦ストライプ状に並んだかわいいリーフ柄のバックカットレースを
前にしたレースインスタイルです。

24-3

 バックのドレープにはシャンタン地のペールオレンジ。

 フロントレースの場合、バックの色によって表情が大きく変わりますが、
今回ご採用いただいた組み合わせは、レースのデザインを活かした可愛さ
満点のコーディネートです。

 このファブリック、実は写真では絶対にわからない奥の深い魅力を
持っておりまして・・・

24-4

 バックカットで表現された葉っぱと葉っぱの間に、メッシュ風の
透かし模様で同じリーフ柄がちゃんと作られているのです!!

 これ、パッと見てはわからないのですが、レースが風に揺れ、重なり
あったときに、ふと存在感をあらわします。それがすごくいい。

 さすがドイツと言わんばかりの、高品質でこだわり抜いたアイテムで、
ぜひ店頭で手にとってご覧いただければと思います。

24-5

 ご採用いただきましたMさまは、ほとんど一目惚れに近いような出会いで
お決めになられて、実際にお納めしたときも「可愛い!」と感激して
いただくことが出来ました(^^)

 さて、続いてもう1点、今度は京都の中心部にあるマンションをご購入
されましたKさま。

 こちらも同じくドイツのADOのシアーファブリックです。

24-6

 大きなたてわくのデザインで、伝統的でオーソドックスなモチーフ
ながら、そのダイナミックなフォルムがひときわモダンな印象を与えて
くれます。

24-7

 白地に白、その清廉な美しさは、カッコイイでもあり、豪華でもあり、
なんとも形容しがたいものでした。

 こんな大胆なデザインでも、すっきりとまとまった印象なのが不思議
ですね。ドレープではクドくなりがちなところを、レースだからこそ
思い切ったセレクトが出来る、これもまたADOの特徴をいかしたコーディ
ネートといえるのかもしれません。

 今回ご採用いただきましたMさま、Kさま、どうもありがとうございました!
ADOの2012年の新作もすでに当店に入荷いたしております。
 ご興味をお持ちいただけた方はいつでもお越しくださいませ!

 今日のブログ、面白かったと思われた方はどうぞ下の3つのバナーのうち
お好きなものをおひとつ、押して行ってくださいね!

にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ インテリアファブリックへ