オーナーズブログ

半世紀以上前のカッコ可愛いマリメッコ -RUUSUPUU-

 京都のカーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
ファブリックとインテリアのブログです。

 1週間くらいブログ書いてないなぁと思って今日開いたら、なんと
もう12日も経ってました。
 そりゃ朝晩も冷え込むはずだわ。

 今日は久しぶりに北欧スタイル編、マリメッコの施工例をご紹介!

 宇治市にご新築のIさま。北欧のテキスタイルでお部屋作りを考えて
いらっしゃいまして、マリメッコのデザインを採り入れることはほぼ
予定調和にてご来店頂きました。

 そしてリビングフロアにご採用いただいたのがこちら!

48-1

 バラの木をモチーフにした定番テキスタイル「RUUSUPUU(ルースプー)」
です。

 デザイナーは、ウニッコでもおなじみのマイヤ・イソラ。
最初にデザインされたのが1957年ですから、えーと、えーっと・・
 54年前?!?

 半世紀以上前にこんな可愛くカッコイイデザインがあったことも
驚きなら、それが今も変わらず世界中で愛されてることにはなおさら
にびっくりです!

 さてこのデザイン、1枚の布には1本の木が描かれてます。
 これが生地1枚の図案です。

48-2

 これを一般的な幅2mほどの窓にかけるカーテンを作ると生地は2枚
要りますので、通常は木が2本並んじゃいます。

 それって、なんかこのデザインを台無しにしそうじゃないですか??

 ということで、CBSOWM流ということで、一つの生地を半分に割いて
両側にくっつけちゃいました。

48-3

 当然片開きのカーテンになってしまうのですが、フラットカーテンで
すので、片方に寄せても普通の2倍ヒダカーテン片側分にしかならず、
ほとんどボリュームは感じません。
 もちろん、こんな作り方をしても価格は変わりません。

48-4

 B&Wのコントラストが効いたモノトーンカラーに、ビビッドなピンクのお花
が咲いた、愛らしいテキスタイル。一度見ると忘れられない素敵さです。

 ただ柄を選んでサイズをオーダーするのがオーダーカーテンではなく、
その生地、そのデザインに合った加工をご提案するのが専門店のオーダー
カーテンなのです。

 と、そうは言っても、こんな素敵なテキスタイルを生み出すマリメッコが
あって、それを選びとっていただくお客様がいらっしゃるからこそ、こんな
素敵なインテリア空間が出来上がるんですね。

 Iさまの施工例は次回に続くことにいたします。また明日!

 今日のブログ、面白かったと思われましたら、どれかポチっと↓お願いいたします

にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ インテリアファブリックへ