オーナーズブログ

ターコイズブルー!designers guild と casamance

 京都のカーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
ファブリックとインテリアのブログです。

 京都市にお住まいのKさま邸のカーテンコーディネートをご紹介
いたしております。

 今日のお題は「ターコイズ」。

 ご来店いただいた際にターコイズ色のカーテンをお探しになられた
のですが、なかなかお気に召す色が見当たらず。
 そしてお部屋にお伺いしますと、まばゆいばかりに煌くトルコ・ブ
ルーのペンダントランプが!
 この色に合って、そして華麗なテイストは損なわず、そして壁紙は
トミタさんのゼブラ柄にも負けない存在感。

 こんな難題(?)に応えてくれたのが、デザイナーズギルドでした。

56-1
nabucco というデザインのターコイズカラーです。 

 そしてこれがペンダントランプと相見えまして。。

56-2

 こんなに美しいコーディネートが出来上がりました。

 2年ほど前からヨーロッパのトレンドとして紹介され人気の出始めて
いた、カットベルベットのファブリック。
 しかも、昔の金華山とはまったく異なる、モダンなデザインと色が
増えてきております。

56-3

 アニマル皮のような独特のデザインと、ボリュームたっぷりの起毛、
そして光沢感。これらがミックスされて流麗なインテリアが完成いた
しました。

 撮影技術がインテリアに追いついてませんね(>_<)
 本当は上の生地写真のように、見事に美しいターコイズです。

 おなじ部屋のもう1窓は、タペガラスということもありカーテンは
無しでお考えでしたが、何か飾りをということでスワッグバランスを
ご提案。

56-4

 こちらはスタイルを際立たせるために、シンプルなバックスキン調の
無地ファブリック。フランスのカサマンスのアイテムです。

56-5

 裏地と同じゴールドの生地をホルダーに巻き付けました。こちらは
現地で設置するときに巻いてワイヤーで止めてから取付しています。

 本当はお昼間に撮影のほうが良かったんですよね。あとで気づいて
しまいました。

 写真がうまくいってませんが、2つの生地は実際に並べるともっと
近い色なんですよ。

56-6

 とにかくズシリとくる重量感がすごいのですが、かかっていると
さほど厚ぼったく無くて、むしろ繊細ささえ感じさせるほどに
美しい煌きを持ったカーテンでした。

 それでは、まだまだKさまのカーテン施工例のご紹介は続きます!

 今日のブログ、面白かったと思われましたら、どれかポチっと↓お願いいたします

にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ インテリアファブリックへ