オーナーズブログ

陽射しが降り注ぐホワイトリビングのダブルシェード -kinnasand DACAPO-

 京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

 本日ご紹介させていただきますのは京都市内の閑静な山沿いに
ご新築されましたKさまのお住まいです。

83-1

 広々としたリビングは真っ白な壁、床。家具や建具類はダークトーン
という、美しいまでにシンプルな空間。

 その大きなテラス窓には、レースonレースという、薄地の2枚重ねで
ダブルシェードをご採用いただきました。

83-2

 手前にあるのがオパールプリントの植物柄。

 でもグリーンやブラウンではなく、ブルーとグレーという植物らしくない
配色です。そして、それがこのシンプルな空間にさりげない装飾性を
与えています。

83-3

 バックにはシナサンドの「DACAPO」。風通織りの二層の薄地が
重なり、ほんとに上品でやわらかに色が挿します。

 実は表面がグリーン色のファブリックなのですが、あえて裏面の
ブルーをオモテにしてお作りしています。

 これは昼間に日差しを和らげるためにシェードを降ろすことを
想定しておられたKさまのアイデア。
 昼間に陽が射すと、裏面にあるはずのグリーンが浮かび上がり
なんともやわらかな色合いに。

83-4

 シャッターを下ろしてみましょう。グリーンがなくなり、ブルー系の
配色だけが残りました。すごい!

83-5

 パソコンなどの作業もできるカウンターには3連窓。ここにはシャッ
ターがないために、厚手のプレーンシェードを取り付けています。

83-6

 アイランドキッチンの横には、半透明の樹脂スラットを使った
スケルトンブラインド。

83-7

 お日様の光をたっぷりと感じられるダイニングは明るさ満点です。

 もちろん、スリガラスのように夜間でも中が丸見えになることは
ありません。

83-8

 ダイニングキッチンから望んだリビング。

 特別にビビッドな差し色を取り入れていないにもかかわらず、
お部屋のグリーンやレースのデザインなどでアクセントが効いて
いて、まさに上品で、上質なインテリア空間になりました。

83-9

 お住まいになりながらじっくりとご検討いただき、ようやく
たどり着かれたコーディネート。その甲斐あって、ほんとに
他にふたつとない素晴らしいお部屋が出来上がりました。

 お写真は無いのですが、お2階にはシルエットシェードやバーチ
カルブラインドのセンターレーススタイルなど、これもシンプルで
上品なインテリアアイテムで揃えていただきました。

 Kさま。。。薄地のコーディネートは写真が難しくて、うまくご紹介
できたか不安なのですが。。とっても素敵なお部屋にご採用を
いただきまして、ほんとにありがとうございました!

 今日のブログ、面白かったと思われましたら、どれかポチっと↓お願いいたします

にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ インテリアファブリックへ