オーナーズブログ

プリーツスクリーンのクロススタイル?!

 京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

 今日ご紹介させていただきますのは町屋をリフォームされたSさまの
お住まいです。

 和室の壁を珪藻土のしっくい調に塗り替えて、和とモダンの双方が
持つ「シンプル」なテイストをコンセプトとされたインテリアです。

 まずリビングの横の広縁にありますプリーツスクリーンが目を
引きます。これはなんでしょうか?!

101-1

 不透明な生地と、透け感のあるレース生地を上下で切り替えられる
ペアタイプ。これを左右に分割し、上下の設定を逆にしてしまいました。

101-2
 左右をすべて閉め切ることも・・

101-3
 両方をレースにすることも・・・

101-4
 半分だけレースにしたり・・・

101-5
 途中で止めれば・・

101-6
 みごとに市松模様です。この直線的なフォルムが凛とした「和」の
空間を演出します。

 実はこれ、タチカワブラインドが大阪のショールームで実演している
スタイル。カタログのほうにも掲載されていますのでご覧になられた
方もいらっしゃることと思います。
(実はメーカーのカタログの巻頭ページって、ほとんど見ることが
ないのですが・・・笑)

 さてお2階には同じ生地の色違いをカーテンとプレーンシェードで。

101-7
 カーテンはブラウン系。繊細な光沢糸とナチュラルなモール糸が
折り込まれ、これも直線的でありながら風合いや配色がモダンさを
感じさせます。

101-8
 レースはミラー生地。ブラウン系のドットが効いてます。

101-9
 シェードは色違いのグレー系で。

101-10
 レースは共通です。

101-11
 腰窓にはロールスクリーンをご採用いただきました。

101-12
 レーザーカットで裾部分がデザインされています。ロールスクリーン
独特のフラット感に、少しアクセントを与えて動きを出しています。

 このほか照明器具のほうもご用命いただき、リフォームの
完成となりました。どの窓も機能美を追求した、完成度の
高いコーディネートとなりとてもお喜びいただけたようでした。

 タイトルの「プリーツスクリーンクロススタイル」という名前は
今考えました(笑)。
 スタイリングはタチカワさんから拝借してしまいましたが(汗)。

 しかしこれ、あらためて写真で見てもいいものですね。
実際には鳥肌の立つような、格調の高いインテリアになっていました。

 素敵なスタイルをご採用いただきましたSさま、このたびは
誠にありがとうございました!!

 今日のブログ、面白かったと思われましたら、どれかポチっと↓お願いいたします

にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ インテリアファブリックへ