オーナーズブログ

FEDE RICCOのエレガント&ナチュラルなコーディネート。

 京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

 このブログは当店でお買い上げいただいたお客様にご了承を
いただいて、納品後にお写真を撮らせていただいたものをご紹介
いたしております。

 ところが、当然お写真を撮らせていただいている数のほうが
ブログの更新頻度を上回っており、どんどんご紹介が追いつかなく
なってきております。

 「うちの写真は載らないなぁ」と思っていらっしゃるお客様も
必ずご紹介させていただきますので、どうかお待ちくださいませ。

 それでもうっかり忘れているとか、ありえないことも(汗)起こり
得ますので、そのときはぜひお気軽におっしゃってくださいね。

 さて、そんなわけですので、ここ数ヶ月で納品させていただいた
お客様の施工例のなかから、写真を中心に連続でどしどしご紹介
してまいります!

 まず今日は、京都市右京区のNさまのご新築マンションです。

115-1

 fede ricco(フェデリッコ)を気に入っていただいたNさま。
ブランドにこだわったわけではないのですが、偶然にもひとつの
ブランドでのコーディネートとなりました。

115-2

 ドレープはこのブログでもお馴染み、タイの無地シャンブレー
SAINT CLOUD(サン・クルー)。

 レースは「丸で描いた丸」がキュートなファブリック、LAPA。
ポルトガル製です。

115-3

 タッセルにもこだわっていただいてます。イタリア製のCOUCOU。

115-4

 リビング横の洋間のスペースにも同じドレープ&レース。

115-5

 このレース、特に女性の方には大人気で、大きな窓でもシンプ
ルでさりげないデザインです。
 春には外の枯れ木が桜並木になるんですよ!

115-6

 こちらのお部屋は雰囲気を少し変えるのに異なるタッセルを。
HERBというドイツ製のタッセルで、これらもすべてフェデリッコ。

115-7

 寝室は遮光のプレーンシェード。カーテンボックスは使わず
あえて窓枠を覆うサイズで。(こちらは国産のファブリックです)

115-8

 レースは枠内につけています。かさばらず、コンパクトにまと
めたいときは、あえてボックスを使わないという方法もありです。

 生地選びには、ほんとにこだわりと愛着を持って接していただき
ました。ちょっとエレガントでナチュラリーな、素敵なリビングに
仕上がりました。
 Nさま、このたびは誠にありがとうございました。

 今日のブログ、面白かったと思われましたら、どれかポチっと↓お願いいたします

にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ インテリアファブリックへ