オーナーズブログ

ウィリアム・モリスの「Iris」

 京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

 先回ご紹介させていただきました京都市内にご新築のIさま。今日は
2つの洋間のカーテンをご覧くださいませ。

 イギリスの伝統的ブランド「William Morris(ウィリアム・モリス)」
のプリントファブリックです。

124-1

 IRIS(アイリス)は1888年(120年以上も前??)に、モリスの後継者
といわれるディールによってデザインされたものだそうです。

 124-2

 こちらはブルー系の配色です。

124-3

 寝室として使うことを想定し、レースはミラーカーテンで。

124-4

 前回のバードランドの時と変わって、エレガントなフリンジタッセル。
ファブリックより少し濃い目の色にしているのがポイントです。

124-5
 もうひと部屋はレッド配色。

124-6

 お花の色だけではなく、葉っぱやベースの無地部分の色ももちろん
微妙に変えてあります。

 幾重にも折り重なった茂みの中に鮮やかな色彩の花びらが佇んで
います。アイリスの花言葉にもあるように「雄弁」なデザインですね。

124-7

 こちらはお花にあわせたローズ系のタッセルです。

 モリスのファブリックは、一見、ごちゃっとしてうるさそうに
見られがちですが、実際に吊るととてもスッキリと美しく、自然に
お部屋に馴染んできます。

 100年以上も愛され続けてきたデザインには、時代や流行にとらわれ
ない何かがきっとあるのでしょうね。

 そんなアイテムを取り入れたお部屋もやはりまた、長い年月を心地
よく過ごすことが出来ることと思います。

 Iさま、このたびは素敵なファブリックをご採用いただきまして
誠にありがとうございました!

 今日のブログ、面白かったと思われましたら、どうぞポチっと↓お願いいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ
にほんブログ村