オーナーズブログ

マリメッコのルミマルヤでお部屋に北欧のグリーンを。

 京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

 本日ご紹介させていただきますのは、京都市内某所にてマンション
リノベーションをされたお客様のFさま。
 壁を珪藻土塗りにしたり、キッチンは総入れ替えしたりと、とても
中古とは思えない心地よい空間に生まれ変わっておりました。

 そして、今回ご採用いただきましたファブリックはこちら。

130-1

 マリメッコのLUMIMARJA(ルミマルヤ)です。

130-2

 天井から床までの大きなプレーンシェード。ヨコ幅は3mを超えて
います。

 日本でも特に人気の高いデザイナー、Erja Hirvi(エルヤ・ヒルヴィ)
さんによるルミマルヤ。意味は「雪イチゴ」だそうです。

130-3

 まるでお庭に北欧の木立をそのまま持ってきたかのような、しっくり感。

大きな柄であるはずなのに圧迫感はなく、むしろ癒されてしまいます。

130-4

 実はキッチンには鮮やかなライムグリーンのパネルをお選びになったと
のことで、当初はグリーンのロールスクリーンを希望されておりました。

 しかしながら、キッチンとルミマルヤのそれぞれのグリーンを生かす
ために、あえてブラウン系のスクリーンに。

130-5

 LDKの配色、バランスがうまくとれてそれぞれが引き立てあっているの
がお分かりいただけますでしょうか。

 シェードを上げた時に見える共有部分のグリーン、これももちろん
計算ずくです(笑)。

 今回のFさまも「北欧スタイル」への憧れをお持ちでしたが、リフォーム
を機会にマリメッコのファブリックをうまく用いることで、お部屋の雰囲気
を「北欧」の世界へと近づけることが出来たのではないかと思います。

 それにしてもいまちょっとしたトレンドカラーであるグリーン。
ほんとにキレイなグリーンは居心地を良くさせてくれますよね。

 Fさま、このたびはご採用いただきましてありがとうございました!

 今日のブログ、面白かったと思われましたら、どうぞポチっと↓お願いいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ
にほんブログ村