オーナーズブログ

Sintoniaのシルクのレースはとびきりのシックモダン

 京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

 当店でも扱っております輸入カーテン。割と知られていないこと
ですが、海外ブランドの場合、日本と違ってカタログというものが
ほとんどありません。

 カタログの代わりともいうべきコーディネイトブックは(いろんな
生地を綴じた、シッピングサンプルといわれるものです)1冊がン万円
もしますので、当店のような個人経営のショップでは一度に何十冊も
買えない(涙)。

 で、販売するためには生地を見本用に買って、お客様にお店でご覧
いただいてるわけですが、その見本作りが一苦労。
 なにせカタログが無いもんですから、どっちが上だのどっちが裏だの、
メーカーさんも中にはシルシがテキトーだったり、大混乱(悩)。

 今回もサンプル用のカーテンを加工してもらっている加工所さんから
「これどう考えても逆さまなんやけど・・・」と言われ早速確認に。

 そこで、iPadですよ(またか・笑)。

 その場でメーカーの海外サイトにアクセス。柄写真を確認して即、
作業にかかっていただきました。いろいろと思わぬところで活躍して
くれそうで、使う側も負けておれません!(意味不明)

 お久しぶりの、施工例です!

 本日は京都府長岡京市のマンションにお住まいのKさま!

145-1
 イタリアのSINTONIA(シントニア)というメーカーのレースをご採用
頂きました。

 エキゾチックで、どことなくアンティークな感じも醸しつつ、洗練
されたナチュラル。これはなんとも形容し難い、でも最高です。

145-2
 シルクをふんだんに使った繊細さと光沢感、そしてデザインはあく
まで大胆に。バックカットのヒゲが柔らかさを与えているのも、きっ
とお計算づくなのだろうと思わせる。

145-3
 あわせたドレープは国産品(サンゲツ)。色目が上手くはまっての
採用となりました。お客様のK様にはみなさまにお教えしちゃうことは
ナイショですが、レースのほうがドレープの5倍くらいの価格です。

145-4

 ご主人の書斎にも、同じくシントニア社のナチュラルなオーガンジ
ーレース。この繊細さは日本ではどこを探してもないでしょう。

145-5
 こちらもドレープはスミノエです。 微妙なパープルグレーが
レースにどんぴしゃなのが写真で伝わらずもどかしい。

145-6

 ご夫婦の寝室は、レースをプレーンシェードにして、ドレープのみ
カーテンで。

145-7
 こちらは両方国産品ですが、珍しい素敵な「赤」です。

 お引越しされて半年、当店にお越しいただきお打ち合わせから納品
までまた半年、みたいな感じでゆっくり時間を掛けて選びぬいて
いただきました。
 それだけに、お納めしたときの感動もひとしお。ほんとに素晴らしい
インテリアが完成しました。

 Kさまの暮らしが素敵な毎日になっていることをお祈りいたします!
このたびは誠にありがとうございました。

 今日のブログ、面白かったと思われたらどうぞポチっと↓お願いいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ
にほんブログ村