オーナーズブログ

FELTA&スミコホンダのテキスタイル

 京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

 本日ご紹介させていただきますのは、当店には珍しい大阪市内のタワー
マンションのお客様。枚方、高槻、茨木あたりはよく行くのですが、大阪
市内というとやはり大きなショップも多いので、京都へご依頼いただくこ
とは年に1、2回くらいしかありません。

 今回は京都にお住まいのコーディネーターのIさんのお母様のご新居と
いうことでご紹介いただいてお伺いいたしました。

 さすが都会の建物は大きいなぁぁ(笑)京都はだいたい12階止まり、
滋賀でも20階までがせいぜいで、30階以上って仕事ではほとんど未体験
ゾーンです。京都は高さも建蔽率も制限が厳しく、カーテン屋さんが
流行らないというのは本当です(笑)。

181-1

 ご採用いただきましたのは、川島織物セルコンの新商品「FELTA」の
ドレープ&レースの組み合わせ。

181-2

カテゴリーとしては和テイストのところに入っている商品で、確かにそう
なんですが、今ではこういった日本的な色調や、伝統的な和のデザインを
取り入れた商品がヨーロッパからも当たり前のように入ってきますので、
まったく違和感なく洋間にマッチします。

181-3

アップだとこんな感じです。天然木を生かした房かけも素敵です。

181-4

 実はこの「FELTA」シリーズ。グッドデザイン賞に選ばれておりまして、
また中でもこのファブリックは川島さんの情報では常に売れ筋ランクの
上位に居続けているほどの人気アイテムだそうです。

181-5

 そして寝室には同じ川島織物セルコンの「Sumiko Honda」ブランドの
ドレーパリー。

181-6

 「アウラート」と名づけられたデザインのこの商品、まさにsumiko
Hondaならではの「織り感」を携えたアイテムで、複雑に交じり合う織り
組織と糸1本ずつの風合いが見事なバランスの上に成り立ってます。
まるでつづれ織りといった感じですね。

181-7

 こんなにホワイト系の単色しか使っていないのに、驚くほど深みを感じ
させるのは、まさしく本田マジックのなせる業です。

181-8

 海外の見本市でも常に注目を集めているSumiko Hondaブランド。
 これまでの日本のカーテンは、「売れているもの」には過剰なほど反応
してその真似ッコばかりに必死になりますが、「売れるもの」をつくる
ことはほとんど関心がない様子。
 そんな中にあって、本田さんの紡ぎだされるテキスタイルデザインは
本当に世界に誇れる、愛されるべき商品だと思います。(芸術品ではなく
商品であるところが、すごいのです!)

 川島織物セルコンのリニューアルされた大阪ショールームにまで足を
お運びくださり、選定いただきました。でも実際に窓にかけると、さら
に想像以上に素晴らしいとお感じになったようでした。やっぱり、良い
商品を作れば、それはお客様にもちゃんと伝わっていくんですね。
 それを我々ショップやコーディネーターがもっともっと広くアピール
して広めていかないといけませんね。

 Iさま、このたびはご採用いただきまして誠にありがとうございました。
またご物件でご一緒させていただくこともあると思いますので、今後とも
よろしくお願い申し上げます!

 みなさまの応援のクリックをお待ちしております↓

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ
にほんブログ村