オーナーズブログ

サンゲツ「Area」新作発表展示会で感じたこと。。。

 京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

 今日は、明日15日に発売になりますサンゲツの新見本帳「Area」の
新作展示会を見に、大阪のサンゲツショールームへ行ってきました。

197-1

 以上!(笑)。

 ・・・てのは冗談ですが、あまりのお粗末さにビックリして書くことが
ありません。
 広いショールームの一角にヘッダーサンプルが並んでるだけでした。
それからお客さんも少なくて閑散としていました。通常業務の範囲で
プランのお打ち合わせに来られている方と社員のほうがはるかに多くて、
新作を見ている方は数えるほどでした。

 これがインテリア業界のトップメーカーが新しく世に送り出すカーテン
の主力商品の展示会かと思うと、インテリアで飯を食ってる者としても
サンゲツOBとしても、ひたすら泣けてきました。
 今年初めの総合壁装材「エクセレクト」の展示会が圧倒的に素晴らしか
っただけに、何故??という気持ちもぬぐえません。
 お金をかけてリーフレットを作ったり、来場者に粗品を渡したりする
必要はまったくないと思いますが、せめて開発の方の商品に託す「思い」
であるとか、業界トップとして拡販に努める「意気込み」とか、なんで
もいいからなんか教えて~、もうこうなったらお願いです(涙~)。

 それでも内容が素晴らしければよいのですが。。。CB SOWMとしては
60%が新作と聞いてほんとに大きな大きな期待をしていったのですが、
やはり残念なことになっていました。

 これは明日カタログが出た後に、今年の各メーカーの比較と総括を
やってみたいと思いますので、どうぞご期待ください。

 あまりにガッカリして写真を取る気にもならなかったので、今年の
展示会で個人的に印象深かったものでご紹介できていないブランドの
お写真をご覧頂きましょう。(ご来場者様のお姿に修正かけてあります)

197-2
 まずはフランスのメーカー、カサマンスの大阪での初めてのプレゼン
テーション。。4月に行われたのですが、小さなスペースを借りての展示
ながらファブリックの魅力をいっぱいに感じられる、人と生地とが近い
素晴らしいものでした。

197-3
 それから6月のフジエテキスタイルの展示会。こちらも決して大きく
はない自社のショールームを利用していながら、工夫を凝らした展示で
新商品それぞれの特徴をわかりやすく訴えかけていました。Areaのほん
の数分の1のアイテム数ですが、そのすべてが印象的で、開発者の思い
が伝わってきました。いずれの展示会も来場者の熱気もすごいものが
ありました。

 そもそも、インテリアっていうもの自体が、こういうものだと思う
のです。情熱であったり、心地よさであったり、楽しさであったり。
そういう作り手と住まう方とが持っているこころのあり方、それを
つなぎとめていくのが我々の仕事だと思っています。どちらかが欠け
ても、うまく行かないのです。

 結局長々と綴ってしまいましたが、専門店やコーディネーターという
立場からも発信はしていかないといけないですし、こういう状況に危機
感をもたれない方が業界にいらっしゃればそれは絶望に値することでし
ょうし、なにより、サンゲツが好きだからこそ、求めてしまうのかも
しれません。
 せめて、インテリアの持つ素晴らしさを自分なりの形でしかなくても、
お伝えしていけたらなと思います。

 ブログランキングに参加しています。インテリア業界に同じような
歯がゆい思いをお持ちだという方、ぜひ!↓こちらをクリック
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ
にほんブログ村