オーナーズブログ

ナチュラルモダンのインテリア

 京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

 すっかり寒くなってきました。今日はすこし久しぶりに施工例のご紹介!

 ナチュラルモダンという言葉がインテリアで使われるようになって随分と
経つような気がしますが、いまなお根強い人気のテイストです。

 言葉として使いやすく、何にでも当てはまりそうなニュアンスのせいも
確かにあるのでしょう。量販店やマンション販売やリフォームチラシ等でも
もう10年ほど同じことが繰り返し使われていて、床は明るい色のフローリング
に壁はアイボリー系、そして窓には白いプレーンシェードが掛かってたら
とりあえず「ナチュラルモダン」みたいな。

 でもお客様が求められているのはそんなナチュラルモダンではないんだと、
お話をしていると感じるんですよね~。

 今回ご案内いたしますのは京都府宇治市のTさまのご新築。天然素材を使った
素朴なナチュラルでもなく、冷たく尖がったモダンでもない、そんな「温かみ」
があって「上質な」空間をお求めのTさまがセレクトされたインテリアがこちら
です。

199-1

 ベージュグレーのベースに立体的な節(ふし)を表現したファブリック。
こちらをシェードタイプで壁に取り付けて、レースはカーテンスタイルで
窓の内側。機能性を重視しながらすっきりとした印象を与えるモダンなスタ
イリングです。

199-2

 大きなテラス窓が2つ並び、シェードを上げると広々としたスペースが
取れます。腰窓にも同じシェードで全体の統一感も出しています。

199-3

 レースには同じ横ボーダーのハーフミラーレース。こちらも光沢の強い
糸に麻のようなベージュの意匠糸を絡ませた、ナチュラルな中にもシャープ
なモダンさを表現しています。

199-4

 シャッターを降ろして夜を再現。昼間と印象が変わり、シンプルな爽やかな
ナチュラルが、ちょっとリラックスさせるような温かみのある心地よいナチュ
ラルになっているのがお分かりいただけますでしょうか?

199-5

 生地の表情をアップで。この立体感が、シェードながら温かみとボリューム
感を生み出しています。この生地、実は当店の中でも1、2を争う人気アイテム
なのです。 

 Tさまのおうちのご紹介は次回も続きます。

 明日も読むぞ!と思われた方はどうぞ↓こちらをクリック
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ
にほんブログ村