オーナーズブログ

「おうちで作る郷土ごはん」は幸せのレシピ。

 京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

 まいったなぁ。

 今日はちょっと趣向を変えて、本の紹介をしようと思っていました。

 その本とは、こちら。

203-1
 「おうちで作る郷土ごはん」。

 著者の小野藤子さんは同級生。なぜだか小学生のときからのお知り合
い(笑)。そしてこの本を作った編集人は、このブログでも紹介させて
いただいたことのある「コーラルフィッシュ」という海水魚飼育専門誌
の村上タクタ編集長。彼もまた同級生。というか親友のひとり(笑)。

 そうなんです、そんな同級生同士が、ひょんな縁で一緒に本を作り
上げてしまったのです。こりゃ宣伝してぜひともたくさんの人に買って
もらわなくっちゃ!!と、自分も早速amazonで買いました。

 紹介をするからにはちゃんと読んで、自分の腹に落とし込んでから
書かないと失礼ですよね。パラパラッとめくって、かいつまんで書いた
レビューなんて、誰にも伝わるもんじゃないから。。。

 本の中身は、エル・ジャポンやカーサ・ブルータスなどの雑誌の編集
に携わった後に、フリーランスで料理の本の編集をしたりご自身で本を
出されたりしています小野さんが、全国の「ふるさと」を訪ね、実際に
何十年何百年と受け継いできた「郷土ごはん」の作り手・・ごくごく
普通のお母さんやおばあちゃん・・から見聞きした味をエッセイで綴っ
たもの。もちろん、ただの紀行文ではなくて、それぞれの味をおうちで
も楽しんでいただけるよう、レシピも添えて紹介されています。

 小野さんの本はいつも写真が素敵で、眺めているだけでも幸せになれ
るのですが、材料や作り方のアドバイスももちろん本物。食べておいし
いだけじゃなくて、作っておいしいことを知っているからこそ書ける、
見て読んで食べて幸せな本なのです。

203-2
(TAK、pic借りますッ)

 全国各地の「郷土ごはん」、例えば北は北海道から「いくらのしょう
ゆ漬け」「紅鮭のあら汁」が、東京からは「豆腐粥」「こしょう飯」等
関西では馴染みのうすい料理が。そして京都では「かぶら蒸し」や
「賀茂なす田楽」といったほんとにボクにとっては日常当たり前のよう
に食べていたものだったりするものが、たくさん載っています。

 実際に食べられるわけじゃないので、なんとも歯がゆい思いもなくも
なく(笑)。そんなふうに思いながら読んでいると、熊本の「いきなり
だんご」にたどりつきました。

 これ、熊本に住んでいるおばちゃんが、毎年1度、京都に帰るとき
必ずお土産に持って帰ってきてくれていて、そのおばちゃんが京都に
来るというだけで待ちきれないくらいワクワクしていました。
 もちろんいつの間にかボクもダンゴを欲しがる歳じゃなくなり、就職
して家も離れ、そのおばちゃんもおととしくらいに亡くなってしまい、
そんなだんごのことなんかまったく忘れてしまってたのです。

 でも。毎年といってもたぶん子供の頃の数年だったのかもしれないの
だけれど、その味っていうのは写真を見た瞬間に口いっぱいに広がって、
思わず涙腺がゆるんでしまいました(←これは歳のせい)。
 だから、まいったなぁ(笑)。

 著者の小野さんは、取材した人たちを厚かましくも家族のように思って
しまい、それは取材後の今もそうだと書かれています。
 本には料理の写真だけでなく、必ずそのごはんを作った人たちの写真も
入れられているのですが・・、
その方たちの写真、1枚の例外なく、みんなとびっきりの笑顔でした。

 皆さんもどうぞこの本を手にとって、幸せをご馳走になってくださいな。

203-3

おうちで作る郷土ごはん (エイムック 1808)

  • 作者: 小野 藤子
  • 出版社/メーカー: エイ出版社
  • 発売日: 2009/09/28
  • メディア: ムック
 

なんだか無性におうちでごはんを食べたくなった方↓どうぞこちらをクリック
にほんブログ村 インテリアブログへ