オーナーズブログ

レースイン?レースアウト?

 京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

 昨日ご紹介しましたボラスのMALAGAのプレーンシェードは、京都府向日市の
Bさまのご新築物件。

 1Fはノルディックな雰囲気のナチュラルインテリアでしたが、今日はその
お2Fのベッドルームをご案内させていただきます。

214-1

 こちらも当ブログで何度もご紹介しております、レースインスタイル。
オパール加工でくりぬかれた、生地いっぱいのキュートな花柄が印象的です。
 抜けの部分が多くて透明度も高いため、逆吊りの効果もテキメンです。

214-2

 こういったデザインの場合、ピンクやイエローなどの配色でお花っぽく
される方も多いのですが、Bさまは迷わずベージュをセレクト。これにより
お花のデザインなのに、あたたかくやわらかい印象になるから不思議です。
 やっぱりベッドルームですので、このくらい落ち着いたトーンのほうが
ゼッタイ良いのでしょうね。

214-3

 あれ?

214-4

 逆になりました。

 万が一、毎日花柄だと飽きるかも!というご心配の方、レースインは
必ずしもそれだけとは限らないのデス!

 こんなふうに、逆に(つまり、フツーに)掛け替えれば、ご覧のとおり
ドレープが手前、レースが奥というスタイルにもいつでも戻すことが出来
ます。
 もちろんそんなときのために、生地は風合いにもこだわったスウェード調
のファブリックをお選びいただき、ドレープが前に来てもしっかり存在感を
持たせています。

214-5

 しかも、今回はすっきり収まるサイドブラケットを使用(ここポイント!)。

 シャッターの無い寝室ですので、遮光1級の生地をお選びいただきましたが
普通に吊ってサイドの隙間から光が漏れるのは困ります。
 そんなときにはサイドブラケットを上手く利用して、リターン付き仕様で
ドレープを加工。これで、レースが前でも後ろでも、同じ環境が作れます。

 すっきりと、シンプルに、でも機能性は確実に。こういった細かな部分
の提案は、専門店としてもお客様に一番喜んでいただくべきところ。

 当店を信頼しておまかせくださったBさま、どうもありがとうございました!

専門店に頼むと量販店や通販とはちょっと違うのかしら??と惑わされた方も
↓こちらをクリック

にほんブログ村 インテリアブログへ