オーナーズブログ

「上質」な、インテリア。

 京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

 ここ1年くらいに当店でお選びいただくカーテン生地にはどんなものが
多いかと言いますと・・・。

 無地ばかりのナチュラル一辺倒から、少しキラキラ感をプラスしてみたり、
濃いめの色とのコントラスト、ストライプやボーダーのキリッとした感じの
パターンをミックスさせたりと、最近のインテリアはホントにシンプルだけ
ではなく、上質なものにシフトしてきたなぁと思います。

 バブル期の贅を尽くしたかのような見た目の派手さではなくて、本当に
良いモノのみが持つ輝きというか、質感というか、そういうものが好まれ
ているのでしょう。

 さて、本日は京都市内のマンションにお住まいのNさまのご新居をご紹介!
こちらのコーディネートも、キーワードとしては「シンプル」「モダン」「ナチュラル」
であることに間違いないのですが、でも全部違う(笑)。

 これに「エレガンス」であるとか「オリエンタル」であるとか、そういう
要素が複合して、結果ひとことで表すと「上質な」空間が出来上がっている
のです。

221-1

 マンションの広い開口をあえて透明度を下げたレースカーテンでしつらえ
ています。これはお客様のご要望から、外観をあまり見えないようにしたい
とのことでお選びになったもの。隣の建物が失礼ながら見栄えのよいもので
ない場合に、あえてレースカーテンに注目させることで気にならなくして
しまうという方法です。

221-2

 グラデーションが層状になったボーダーに、リネンぽい表情を持たせて
ナチュラル感を演出しています。真っ白なレースではありえない豊かな
味わいがあってとっても素敵です。ラインを生かすためにフラットで仕上げ
ています。

221-3

 ドレープにはフェデリッコの定番のシャンブレー生地。「ベージュ」と
いうひと言ではまったく言い表せない微妙な色の変化がまさに「上質」。

221-4

 見る角度、ドレープの加減によって様々な色に変化するシャンブレー
ならではの魅力ある「無地」です。

221-5

 昼間にカーテンを閉めると、レースのボーダーラインが浮かび上がり、
また変わった表情のお部屋になりました。

221-6

 本皮のベンチソファ、アンティーク仕上げのシャンデリア、エコカラット
で表現された質感のあるアクセントウォール、どれもが異なるテイストで
ありながら、見事に調和しています。
 こんな素敵なお部屋に、しかもそれぞれの持つ味わいを生かすような
ぴったりのカーテンをお選びいただきましたNさま。とっても繊細なコーディ
ネートですごく勉強になりました(汗)。

 まだまだお客様に教えていただくことも多いのですが、そんなお客様の
目に留まるような「上質」で「ときめく」ようなファブリックを今後も
たくさん紹介していけるよう頑張ってまいります!

 Nさま、このたびは素敵なコーディネートのお手伝いをさせていただき
誠にありがとうございました!

インテリアのブログランキングに参加しています。
皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。

にほんブログ村 インテリアブログへ