オーナーズブログ

「白い夜」と「黒い夜」 テイヤ・ブルーンのILTA

 京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

 今日はちょっとした間仕切りのご案内~

 まずはこちらのブログ。

「PEIKONLEHTI~マリメッコでアクセント」

昨年の9月にご紹介させていただきましたUさまのおうち。モノトーンな
テイストがシャープでモダンな印象のお部屋なのに、マリメッコの葉っぱ
がひときわ印象的で、柔らかさを出していました。

 そのUさま、ふたたびご来店いただきました!

 リビングから廊下へ抜ける入り口、そして廊下から階段への上がり口。
冬の寒さ、夏の冷房の流れを遮断、調節するための間仕切りをお探し
とのこと。

 普通なら迷わず壁に近いホワイト系の無地でロールスクリーンなんか
をオススメするところですが、やはりUさま、ここにも温かみを感じさせ
るプリントファブリックからあれこれとセレクト。レールを取り付けて
フラットカーテンで開け閉めをしようということでスタイリングは決定。

 で、いくつかお持ち帰りいただいて、ピタリとはまったのがこちらの
デザイン、最近人気急上昇中のテイヤ・ブルーンから「ILTA」です。

231-1

 リビングには「ホワイト」。アイボリーがかった白ですが色目としては
あくまで壁。でも、植物のモチーフはそこに優しい存在感を与えてくれます。

231-2
 なんとも優しいデザインですね。

231-3

 ちょっとオマケ情報ですが、このカーテン、レールにちょっとした
細工がしてあります。面倒な「タッセル」や「ふさかけ」なんてもの
はどこにもありませんが、端に寄せればこの通り、勝手に閉まってくる
なんてこともなく、通路を確保できます。素晴らしい!

 さて、階段には「ブラック」。

231-4

 もともとこのILTA、フィンランド語で「夜」という意味。ですので
おそらくこのBLACKがもともとの色でしょうか?
 そういわれるとホワイトは白夜のような気がしないでもなく。

231-5

 あ、そういえば今年「ILTA」には新色の「グリーン」が出たのでした(汗)。
また画像UPしますね。

 ちょうど、この「白」と「黒」は同じサイズ。気分や季節に合わせて、
リビングと階段を入れ替えることも出来るのです。色違いを取り入れる
とそんな楽しみ方が出来ることもあります。

231-6

 ほんの1枚の布を空間にプラスするだけで、毎日の生活が、機能的にも
視覚的にもとても快適で居心地の良いものになりました。
 まさにテキスタイルマジック。みなさまもお試しくださいませ。

 Uさま、たびたびのご来店を頂きましてありがとうございました!
また遊びにお越しくださいね。

インテリアのブログランキングに参加しています。
皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。

にほんブログ村 インテリアブログへ