オーナーズブログ

暑い陽射しでお困りなら「ソーラーガードフィルム」

 京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

 少し寒さの残った4月でしたが、GW明けから一気に夏の陽射しが感じ
られるようになりましたね。京都も一気に30度を超えてきました!

 また今年も暑い日々がやってきます。基本的には好きなんですが(笑)。

 さて。前回のblogの終わりのところを読み返してみますと。。。

 <ちなみに!ですが、今回こちらのマンションでは、熱や日焼け、
紫外線対策といたしまして、当店オススメのウィンドウフィルム、
「Solargard」(ソーラーガード)を施工しております。

 夏の暑さ、冬の寒さに非常に有効な窓用フィルムです。ご説明は
次回ブログにて!>

 ・・・・。

 次回予告したままやん(大汗)!
暑くなる前に書いておこうと思ってたのを思い出しました。それっきり
になってたわけですよね。申し訳ございませんm(_ _)m

 では気を取り直して、ソーラーガードフィルムのご紹介を。

239-1

 ウィンドウフィルムと申しましても、用途や目的も多岐に渡っており、
遮熱であったり防犯であったり飛散防止であったり、また目隠しや
装飾性を重視される場合もあります。

 国内にもたくさんの有名なメーカーがあり、代表的なところでは
住友スリーエムの「スコッチティント」、リンテックの「ルミクール」、
サンゲツの「ガラスフィルム」などがよく使われています。
 しかし、当店ではこれらの商品を取り扱いできるのですが、ほとんど
使っておりません。なぜなら、これらの国内産フィルムより圧倒的に
高性能と思われるアメリカ産のフィルム「ソーラーガード」ばかりが
お客様に喜ばれるからなのです。

 まず簡単な表をご覧頂きましょう。

239-2

 もちろんこれはある程度の目安であり、施工や使用環境などの条件
により大幅に変化します。ただひとついえることは、少なくとも10年、
通常は20から30年は変化なく使用できるということです。
 ちなみに、どの国内のメーカーに同じような耐久性があるかを聞い
ても、間違いなく「それはちょっと」という返事が来るはずです。

 例えばどんなふうに違うのでしょうか?それも商品や環境によって
異なります。変色したり、糊が弱くて剥離したり、また異臭がしたり
することもあるようです。

 もっとも多く見られるのは、「白濁化現象」と言われるもので、
最初透明だったものがスリガラスのように曇ったり、牛乳瓶の底み
たいに白くなってしまう現象です。

 当店の事例ではないのですが、取扱い施工者の方から実例の写真を
お借りしましたので掲載しておきます。

239-3239-4

 古いフィルムを剥がしているところです。元は透明だったとは、
ちょっと信じられないほどですが、まさに「白濁化」していますね。

 建築用の超有名な国産フィルムでもこれですから、ましてや、ホーム
センターなどに売っているクルマ用やDIY向けの商品では、どうなる
ことかわかりません。
 少々荒っぽいのは承知でわかりやすく例えますと、ン万円のレイバン
のサングラスと、ただ色がつけてあるだけの1000円以下のサングラス
では、目への影響も耐久性も全然違いますよね、そんなふうな話に近い
と思ってください。(あくまでたとえ話で、技術的にそれぞれが同じと
いう話ではございませんので誤解のなきよう)。

 それでは、何回かに分けて、その優れた効果や特徴をご紹介させて
いただこうと思います。このシリーズは永久保存版ですよ(笑)!

インテリアのブログランキングに参加しています。
皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。

にほんブログ村 インテリアブログへ