オーナーズブログ

クリエイション・バウマンはクールに、やわらかく。-SINA PLUS-

 京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

 本日ご紹介させていただきますのは、京都の街のど真ん中にあります
新築マンションにお住まいのSさまのリビングルームです。

 このブログをご覧になられてご来店いただいた後に、大阪のいろんな
メーカーやブランドのショールームへ何度も出向かれて、じっくりとお
選びいただきました。なにしろ京都にはカーテンメーカーのショールーム
ってものが、1つもないという悲しさなものでして(汗)。

 今回Sさまにはご足労頂きまして、お気に入りの数点をセレクトして
いただきました。その中から、お引渡し前の現地にてお打ち合わせ。
そしてご採用いただきましたカーテンが、こちらです!

240-1

 美しいですねぇ・・(惚れ々れ)

 ドレープはマナトレーディングの最新コレクション「VIS」の一品。
レザーテイストのシルバーメタリックに艶消しの模様が浮かび上がる、
高級感あふれるファブリックです。遮光性を確保するために裏地つき
にしたうえで、表裏ともに形状記憶加工を施しています。

240-2

 しっかりと厚みのあるドレープ、しかも裏地付きとなるとかなり
かさばってしまい、うまくたたむことも出来ません。形状記憶の加工
をかけることで、吊ったときもたたんだとき美しいドレープが保たれ
ますので、こういう間口の広いテラス窓にはぜひオススメです。

 レースカーテンはcreation baumann(クリエンションバウマン)の
「SINA PLUS」。ボイル地にストライプの織物で、ラインの間隔も太さ
も微妙にランダムになっており、シャープでありながらどこか柔らかさ
を感じさせます。

240-3

 このレースの特徴は、ストライプの色が表と裏で異なること。今回
ご採用いただいたのはバウマンでも特に人気でよく欠品する色番で、
表は濃い目のチャコールグレイ、裏面は明るいシルバーとなっています。

 ただグレイだけだとストライプが立ち過ぎて、ともするとイライラと
してしまいそうなデザインなのですが、そこはさすがのバウマン。
 ヒダを取ることで裏面のシルバーが前からも見え隠れしますので、
全体にみてもチャコールグレイとシルバーがなんとなく交互にくる
ような感じになり、黒さはかなり和らげることが出来ます。

 カーテンに仕立てて吊るということは当然こういうことも起こりうる
わけで、そのあたりもすべて計算されたデザインなのでしょう。

240-4
(写真では伝わりにくくてもどかしいですが・・・)

 実際にお部屋に吊ってみても、シルエットは黒があるのですが、
見た目ほどにストライプはうるさくなく、むしろすっきりとした印象
を引き立てるようです。

240-5

 撮影をしておりますと、ちょうど良い感じに陽が入り込んできました。
カッコよく、美しく。クールで、やわらかく。とってもバランスのよい、
ステキなリビングになり、納めさせていただいたこちらが感動してしま
いました。

 Sさま、このたびはご採用いただきまして誠にありがとうございます。

 ちなみに!ですが、今回こちらのマンションでは、熱や日焼け、
紫外線対策といたしまして、当店オススメのウィンドウフィルム、
「Solargard」(ソーラーガード)を施工しております。

 夏の暑さ、冬の寒さに非常に有効な窓用フィルムです。ご説明は
次回ブログにて!

インテリアのブログランキングに参加しています。
皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。

にほんブログ村 インテリアブログへ