オーナーズブログ

172色のシャンタン、そして上質の。

京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

 前回お届けしました、ブラックオパールのレースを使った逆吊り
スタイル。

 そのバックにプレーンシェードでおつくりした生地がこちら、
「addobbo living colorII」というシャンタンのシリーズです。

245-1

横から見てください。厚っ!!
全部同じ生地の色違い。なんと172色あります。

245-2

色によっては光沢が強かったりダルだったり、またシャンブレーの
強いものも。これだけ揃っていれば、お好みの色はたいてい見つか
ります。

245-3

例えばパープル~エンジ系。もちろん、赤やピンクといった色は
また別のページに埋もれていて、これでも1割も映ってないこと
になります。

245-4

ブルー系統もこの通り。困ることといえば、あまりに多すぎて
なかなか決まらないことでしょうか(笑)。

 では前回の続きです。

 上の階にあがりまして、フリースペースとベッドルームが
くっついた開放的な間取りになっています。

245-5

 フリーの窓にはお揃いの生地でバーチカルブラインドとロール
スクリーンを、掃出し窓と腰窓にそれぞれ取り付けました。

245-6

それぞれの機能を生かしたセレクトですが、ただ同じではつま
らない。ということで、ロールスクリーンはこのブログでは
すっかりお馴染みのレーザーカットスクリーンです。
 雫のようなデザインが、シンプルな空間にやわらかさを与え
ています。

245-7

 奥のベッドルーム、壁の一面だけが濃色のアクセントカラー
になっていますので、これを利用したプレーンシェードに、
窓側にレースカーテンをご採用。

245-8

 ここでも前回ご紹介のLDと同じくオパール加工の透け感の
あるレース、今度はベースがグレー色で葉っぱだけが白という
これまたクールモダンなファブリックをご採用いただきました。

245-9

 アクセントカラーの壁面との調和を考え、シェードの生地は
濃紺の濃淡で波のような模様を織り上げたドレープ。これも
冷たさの中にも柔らかさを醸し出しています。

 こういった生地はいわゆる「カーテンのカタログ」には
載らない「知る人ぞ知る」アイテム。京都でも取り扱いは
当店ともう1社あるかないか程度ですので、ぜひご覧に
なってみてくださいませ。

245-10

 撮影はお昼でしたが、夜には間接照明が効いてさらにアダル
トな空間に。それぞれに印象的で、しかもコンセプトが明確な
コーディネートを実現していただきました。

 上質でいて気取ることなくリラックスできる、居心地の良い
「大人な」インテリア。きっと快適に暮らしていただけている
ことと思います。
 Kさま、このたびはご採用いただきありがとうございました!

インテリアのブログランキングに参加しています。
皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。

にほんブログ村 インテリアブログへ