オーナーズブログ

レース・イン・スタイル! kinnasand ‘MULTI’

京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

 ブログの前に。

 本日お越しいただいたお客様のみなさま、大変申し訳ございません
でした。狭い店内に、一番多いときで同時に6組ものお客様にお越し
いただき、まったく応対させていただくことができませんでした。
 ご予約いただいたお客様もいらっしゃったのですが、結局みなさま
にお待ちいただいたり、お話もできなかったり、ただただ申し訳ござ
いませんの気持ちだけです。

 少人数でお店をやってると、いたしかたないことなんですが、年に
何度かこういう日があるのです。完全予約制になさっているお店も
おありだと聞きますが、それはそれでお客様としては入りづらいで
しょうし、本当に難しいです(汗)。

 ゆっくり商品説明など聞いてみたいとおっしゃっていただけるお客
様がいらっしゃいましたら、なるべく事前にご予約を頂くか、事前に
お電話でご確認をいただけると助かります。
 これに懲りませず是非ご来店くださいませ。

 では本日も施工例のご紹介を。

 レースイン、逆吊りスタイルもすっかり定着してきて、いろいろな
キーワードで検索して当ブログにたどり着かれる方も結構いらっしゃ
るみたいです。
 今までにもたくさんご紹介してまいりましたが、レースを柄物に
して「デザインを見せる」パターンが多かったように思います。

 今日ご紹介させていただきます、京都市にお住まいのKさま。

 まずレースをお探しになられていて、もっともお気に召されたのが、
薄地で定評のあるシナサンド(kinnasand)の、Multi(マルチ)と
いうファブリックでした。

 ↓シナサンドのカタログ写真ではこんな感じ。
247-1

 もちろん透明感は抜群なのですが、いわゆるオーガンジーのような
ツヤのある透明ではなく、とてもナチュラルで柔らかな印象の透け感。
そして「multi」の名のとおり、たくさんの色のストライプが極細の
繊維で細かく折り重なるように並べられています。この美しさはどう
やっても画像では伝わりそうにないですが(涙)。

 このレースをリビングの3連窓に大きく覆いかぶせるように、フラ
ット仕立てで取り付け。そして、3つの窓それぞれの内側には、純白
のドレープでプレーンシェードを納めました。

247-2

 柄を浮き彫りにするばかりがレースインではなく、レースの持つ
繊細さをドレープに左右されることなくいつも表現しておきたい、
そんなやさしいイメージの「逆吊り」といえるかもしれません。

247-3

 実際、温かい陽射しが差したときに、このレースだけでは薄過ぎる
といった問題も、シェードを降ろすことで光を調節できる、そんな
メリットを持っています。

247-4

 シェードを降ろしていてもまったく鬱陶しさは感じられません。
むしろ反射で明るく感じられるほどです。

247-5

 上の階の子供部屋には、同じスタイリングでライムグリーンの
プレーンシェードを奥へ、ゴールドのストライプがキレイなオーガ
ンジータイプのレース(こちらはセルコンのアップルシードです)
を手前へ。

247-6

 小さい窓はドレープをカーテンにして、大きな窓のシェードとの
違いを見せることで可愛らしさをプラスさせています。

247-7

 このライムグリーンとシャンパンゴールドの組み合わせがまた
絶妙! 自分では考えつかない組み合わせをお客様に教わることも
多く、見事にカワイイお部屋になりました。

 ホントに残念なことに、無地の生地が持つ風合いや微妙な色加減、
レースの透明感などは、なかなかうまくカメラに捉えることができ
ません。(カメラが悪いのか腕が悪いのか・・)
 しかしながら、実際のお部屋で見てみると間違いなく写真よりも
さらに素敵なイメージに仕上がっております。

247-8

 明るい陽の射すリビング、元気なお子さんにピッタリの子供室、
どちらもご家族の団欒が聞こえてきそうなコーディネートですね!

 Kさま、ご紹介が遅れましたが、このたびは誠にありがとうござい
ました!

インテリアのブログランキングに参加しています。
皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。

にほんブログ村 インテリアブログへ