オーナーズブログ

北欧スタイルのある部屋 marimekkoのpoimulehti

京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

 いよいよ今年の営業がスタートしました。今年もたくさんのお客様
に出会えると思うとワクワクしてきます。

 冬休みのライブ観戦ブログはひとまず中断しまして、お待たせ
いたしました、本日はお客様のお部屋のご案内!

 新年最初にご紹介させていただきますのは、枚方市にご新築さ
れました、Sさまのご新居です。

 シンプルでスタイリッシュで、あたたかみがあって・・という
のは誰もが憧れる空間なのですが、実現するのはなかなか難しい
もの。9月にお引越しされて納めさせていただいたSさまのおうち
に改めてお伺いしたのは11月でしたが、取付したときには何も
なかった家具や小物が揃ってビックリ!

250-1

 当店からスタイルや生地のご提案はもちろん一緒にさせていた
だいたのですが、Sさまのお持ちのもの、今回お買いになられた
ものがすごくバランスよく空間を作り上げており、おそらくボク
の頭の中よりももっと素晴らしいイメージがSさまの頭には次々
と浮かんでいたことなのでしょう。

 まずはリビング。3M近い高さの天井からバーチカルブライン
ドを美しく吊るして、より高く広がりのある空間にみせること
が出来ました。背の高い家具や余分なものは窓周りには一切なく、
天然木の柱を利用した梁がた、マリメッコのクッション、ヤコブセン
のセブンチェア。そして今回お買い求めになられたウェグナーの
ダイニングチェア、ルイスポールセンのPHランプ。
 これらがすべてが見事バランスよく配されています。

250-2

 それぞれが主張しすぎることなく役割を果たしながら、見た目
にも使い勝手のうえでも美しくささやかな個性をみせる、これは
北欧デザインの愛すべき理由そのものといえるでしょう。

250-3

 今回2ヶ月も経って再訪問させていただいたのは、実はこの
マリメッコ(marimekko)のポイムレーティ(POIMULEHTI:フィン
ランドの植物の名前だそうですを使ったファブリックパネルを
納品させていただくため。あえて真っ白なバーチカルブラインド
と、小窓にも同じく真っ白のプレーンシェード(右側)をご採用された
のも、実はここにアクセントを添えるための当初からの作戦だっ
たとのこと(!)。

 あわてて買い揃えるのではなく、実際に家具を置いてみて、空
間を作ってみてから色やサイズを考えたかったとのことで、その
綿密なこだわりにはコーディネータとしても頭が下がる思いです
(笑)。

 ポイムレーティにはグリーンとオレンジがあり、実は階段周り
でグリーンをお選びいただいているのですが(それはもちろん
次回にご紹介します!)、パネルにはオレンジをご採用。

250-4

 白い壁面へのアクセントとしてはオレンジの方が映えますよね、
みたいなことでオススメしていたはずが、今回行ってみたらナント
その下のカウンターチェアにはアアルトのレッドスツールが!
またしても計算済みでしたか(笑)!
 まったくやられっぱなしの驚きっぱなしのセレクトでした。

250-5

 大好きなデザインに囲まれると、心も豊かにあたたかい暮らし
が出来るのだとあらためて思います。ほんの数時間お邪魔しただ
けでも心が和み、また楽しくなって来てしまいました。

 まだまだ続くSさまのセレクトは次回以降もご紹介してまいり
ますので是非ご覧ください!

インテリアのブログランキングに参加しています。
皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。

にほんブログ村 インテリアブログへ