オーナーズブログ

ラインドレープ ツーウェイスタイル

こんにちは、京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りするインテリアのブログです。

 昨日の続きです。

 あれれれ?の、続き(笑)。

 とりあえず気になったので、お店に帰ったら速攻で当店に展示
されているニチベイのセンターレールスタイルを、同じように
厚手を垂直に立てた状態で写真に収めてみました。

264-1
 ↑ニチベイアルペジオ センターレーススタイル

 ちょっと並べて載せる度胸はないので、ご面倒でも昨日の
ブログをいま一度ご覧ください。

「ラインドレープ アンサンブルスタイル」

 理由は、いじっている内にいろいろとわかってきました。
ただ、作為的に撮影したものではなく、ごく自然に写した結果だ
ということだけ、お伝えしておきます。

 では次の新商品へと参りましょう。
 同じくラインドレープの新スタイル、「ツーウェイスタイル」です。
ちょうど、プリーツスクリーンのペアタイプと同じように、
厚手とレースを左右に切り替えられるのです。

264-2
厚手から

264-3
レースへ

 なかなか便利な商品ですが、ご覧のとおり、たたんだ方の
スラットは消えてなくなるわけではありません。
 展示会場では、枠内のレースの部分の後ろに小壁を設置
してありました。つまり、通常なら窓枠よりもかなり大きく
作る必要がある、ということになります。

264-4
レースを束ねた部分

264-5
後ろには壁がありますが、なければ透けてしまうでしょう。

 が、こちらは取付け方と使い方によっては、実用的でおもしろい
アイテムだと思いました。ある程度取付できる環境が限定される
のは残念なのですが。

 そんなわけで、もう少し続きます・・。

インテリアのブログランキングに参加しています。
皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。

にほんブログ村 インテリアブログへ