オーナーズブログ

ラインドレープ アンサンブルスタイル

こんにちは、京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」が
お送りするインテリアのブログです。

 ちょっと緊急に書きたいことが出来ましたので、誠に
申し訳ないのですが、施工例のご紹介はまたのちほど。

 今日は梅田で、とある会社の応接室にカーペット施工を
してきました。といっても、実際に貼るのは専門の職人さんで、
僕は細部の打ち合わせや指示、あとゴミ拾いとかそういう役割。

 で、施工していただいている間に天満橋で行われています
「タチカワブラインド」の新作発表会に行ってきました。

 目玉は「ラインドレープアンサンブルスタイル」。

 要するに、つい先日もご紹介しました、
「ニチベイのアルペジオ センターレールスタイル」
の類似商品で(詳しくは↑クリック)、間にレース地のスラットを
挟んだバーチカルブラインドをタチカワも発表した、というものです。

 実は、この商品、既に先月に発売になっております。
 遡って春先から告知はされていたもののなかなか実体が
見えないままで、8月にカタログも届き、ネットで検索する
とたくさんの方がいち早くブログやホームページで紹介され
ています。

 ところが、どのブログやサイトを見ても、メーカーのカタログ
写真を転載して貼り付けているだけで、実際の施工例があり
ません(涙)。

 実際に見たこともない商品を売るなんて、そんな度胸の
ない小心者のCB SOWMですが、感度の高いお客様からは
早速に問い合わせが入ってきます。

 タチカワの大阪ショールームには展示はされているらしい
のですが、日曜は休みでご覧いただけませんとか、そんな寂
しいやりとりを経て、結局は当店としてもお客様としても、
大事なご新築住宅に高価な商品を納めるのに、まだ見ぬ未知
のものに冒険は出来ないということで、今回はニチベイのセ
ンターレーススタイルでご採用いただきました。

 と、いうようなことがありましたので、ようやくタチカワの
方も実物を触って、目で見て、それから当店で取り扱うか
どうかを判断できる機会に恵まれたと言うことです。

265-1

 おおきなサイズでどーんと展示されていました。早速!、
操作してみます。なんだか動きの感じが違います。ニチベイ
より回転がスムーズな気がして、メカニックレールを覗き
込むと、厚手とレースがギアで連動して別の回転をかけてい
るようにみえます(ここ、推測なので信用しないでください、
あくまで見た感じです。)
 あとで聞いた話だと、ニチベイは特許をとっているので、
同じ方式は出来ないそうです。

265-2
斜めに開けた感じはこんなふうです。

 アンサンブルスタイルの魅力は、なんと言いましても、
スラットとスラットの間にレース地のスラットを挟み、
間からの視線を遮れること。なので、厚手のスラットを
立てるといっぱいに光が入り、風もある程度通ってくれて、
そして視線をレース越しにさえぎってくれます。

まっすぐ立てて、正面から見ても、

265-3

 あれ?あれれれれ??・・・。

 続く。

インテリアのブログランキングに参加しています。
皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。

にほんブログ村 インテリアブログへ