オーナーズブログ

ラグジュアリーなひととき、くつろぎのリビング。

こんにちは、京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」が
お送りするインテリアのブログです。

 今日ご紹介させていただきますのは、京都市内のマンション
に住まいを移されたCさまのとっても上質な住空間。

267-1

 やわらかな光と木のぬくもりにつつまれたラグジュアリーな
空間。街中の喧騒からはほど遠く、ここだけゆったりとした
時間が流れているようです。

 マンションのような鉄筋の建物ならではの、柱のない大きな
リビング。ゆったりとしたソファに、さらにリクライニングチ
ェアでダブルのくつろぎが疲れを癒してくれるのでしょう。

267-2

 ご採用いただいたカーテンはサンゲツの高級ブランドである、
ROMANE MODEに収録されていますイタリー製のファブリック。
 ボリューム感のあるシニール糸で描かれた円はバックカット
という手法で、柔らかいストライプの中に浮き出して見えます。

267-3

 かなりの高い密度と、円の部分のボリュームですので、あえ
てフラット仕上げにしてシンプルさも醸しています。
 両端に濃茶のサイドボーダーを入れて引き締めています。
 レースはシンプルなストライプ調のボイルカーテンで。

267-4

 このカーテンとボーダー部分の茶とを表裏に合わせて使った
クッションもお作りしました。さりげなくコーディネートす
るのも、こういうエレガントな空間には大切なことです。

267-5

 床の輸入ラグも、こげ茶とブルーのコントラストが美しく
カーテンがシンプルな分、デザイン性をこちらのほうで取り
入れていただきました。窓が大きい場合は、こういうカタチ
でのアクセントがとても効果的です。

267-6

 どちらも昼に撮影しましたが、照明との調整であえて昼間
と夜間の違いを再現してみました。(・・というほどうまく
取れてないのでごめんなさい。)

 昼間は爽やかに明るく、夜はしっとりと落ち着いて。
 意外と知られていないのですが、高密度のカーテンだから
こそ!成せるワザです。

 何回かに分かれるかと思いますが、Cさまのラグジュアリー
なお部屋、ひとつずつご覧頂いていこうと思います。
お楽しみに・・。

インテリアのブログランキングに参加しています。
皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。

にほんブログ村 インテリアブログへ