オーナーズブログ

小さい窓が主役~オズボーン&リトル「BENVARDEN」

こんにちは、京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」が
お送りするインテリアのブログです。

 本日はマンションリノベーションのご紹介です。京都市に
お住まいのUさま、中古分譲マンションをご購入されて改装
をされているさなかに、当店にお越しいただきました。

 Uさまはイギリスに滞在されたことがおありで、ブリティッ
シュ・モダンのような可愛くてスタイリッシュなインテリアに
してみたいとのご要望をお持ちでした。英国トラッドの格式ば
った感じではなく、あくまでも素朴でナチュラルで、愛らしさ
があって。そんなお部屋になるようなプランニング・・と、
ご依頼いただいたのはよいのですが、なにしろ窓が5m以上の
幅の大きな開口。ここにブリティッシュな味付けをすると、
さすがにくどいし・・。

 と、いうわけで、サイドに設けられた明かりとりの窓をアク
セントにして、メインの窓はあくまでナチュラルに、という
スタイルで決定!

 そうなりますと、あとは心ゆくまでアクセントとなるデザイ
ンをお選びいただくだけ。実際にマンションの現地でコーディネー
トしてみました。イギリスということで、ウィルマン、ウィリアム
モリス、ハーレクインなどメイドインUKのテキスタイルを数多く
ごらんいただき、最後にたどり着いたのがこれでした。

269-1

 osborne & little(オズボーン&リトル)社のモダンなシリ
ーズ「TARA」からのファブリック「BENVARDEN」です。
 ユリや石榴(ざくろ)を散りばめた個性的なデザインと、か
わいくて温かみのあるオレンジの色彩が見事にお部屋を飾り
たててくれています。

269-2

 レースなしのプレーンシェードですが、風通しのとき以外は
ほとんど降ろしっぱなし。それでこそのアクセントです。光を
遮断してしまうわけではありませんので、昼も夜も鮮やかな
色彩を楽しんでいただけます。

269-3

 このシェードをお決めいただいたあとに、メインの大きな窓
をセレクト。普通、逆な感じもしますが、これでいいのです。

269-4

 素材感の溢れるゴールド調のベージュのファブリックをプレ
ーンシェードで。これだけ広い開口だと、カーテンを束ねた時
の左右の溜まりも相当なもの。お部屋を広くスッキリ見せるた
めには、やっぱり上に上げてしまえるシェードが魅力的です。

269-5
生地もやや薄めのもので、天井付近に溜まっても重みを感じ
させません。

269-6

 この生地は当店のオリジナルカタログにも掲載されている
もので、京都ではほとんど扱われていないアイテムです。この
お話は近いうちにまた(笑)。

 レースは、バルコニーへの出入りの便を考えてカーテンで。
カワシマセルコンのボイルレースで、タテにゴールドのストラ
イプが入っています。シェードのドレープとの組み合わせも
バッチリでした。

269-7

 小さい窓をアクセントとしてメインに据えて、大きい窓で
ナチュラルさ、シンプルさといった全体のイメージ作りを。
 それぞれの役割をはっきりさせることで、バランスのよい
快適な空間作りができたのではないでしょうか?

 あしたへ続きます~。

インテリアのブログランキングに参加しています。
皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。

にほんブログ村 インテリアブログへ