オーナーズブログ

PEIKONLEHTI~マリメッコでアクセント

こんにちは、京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」が
お送りするインテリアのブログです。

 本日ご紹介しますのは、京都府のUさま邸。実はご新築されて
お引越しを済まされてから1年以上もリビングのカーテンを
お悩みだったそうで、このブログを見てご来店いただいたとの
こと。本当にありがたいことです。若いお二人がいままでにも
いろいろご検討されてきたお話をお聞きしますと、頑張らねば!
と自然と力が入ります(笑)。

 大きなテラス窓、ふたつ並んだ真四角の窓、そして縦長の
スリット型の3連窓。これらがひとつのリビングの3方おの
おのの壁にあり、トータルにバランスを取りながらも各窓の
特徴を生かしたスタイリングを・・とのハイレベル(?)な、
お悩みでした。

 たくさんの経緯はともかく、結果をみていただきましょう!

274-1

 まずはふたつ並んだスクエアなすべり出し窓。ここをお部屋
のアクセント、フォーカルポイントとしたい、ということで
マリメッコのファブリックから大きな葉っぱの柄をセレクト。
「PEIKONLEHTI(ペイコンレーティ)」という名の生地で、あの
unikkoをデザインしたマイヤ・イソラさんの娘さんである、
クリスティーナ・イソラさんの手によるデザインです。

 一見、ファブリックパネルのように見えるこれ、実はプレー
ンシェードでお作りしています。ですので、常にアクセント
でありつつ、風を取り入れたいときは開閉できるという機能
面も考慮したスタイリングです。

274-2
こんなふうに・・。

 パネルよりも逆に扱いは便利で、しかもいざとなればパネル
を替えるように生地の部分だけを交換することも可能です。
プレーンシェードはスッキリとしていて便利でという機能面
ばかりクローズアップされすぎですが、「布を平面で見せる」
というデザインとしての魅力もお伝えしていかないと。と、
思います。

 それでは、またあした・・・。

インテリアのブログランキングに参加しています。
皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。

にほんブログ村 インテリアブログへ