オーナーズブログ

透けないカーテンとブログのおはなし

こんにちは、京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」が
お送りするインテリアのブログです。

 前回の続きです。

 京都市のMさまのご新築。開放感のあるリビングから吹き抜け
た2階部分にはベッドルームが。キャットウォークへ通じるドア
で仕切られています。ナチュラルな素材感の生地でカーテンを
セレクト。バーチカルブラインドと近すぎず離れすぎすのいい
バランスで組み合わせいただきました。

275-1

 こういうナチュラル&プレーンなファブリックはブログでは
お伝えしにくいのが残念です(涙)。これはインターネットの
限界ですね。毎日必ず手に触れるものだからこそ、微妙な質感
や色合いは、本物を手にとって選びたいものです。

275-2
こちらは開けたとき。レースはfede riccoのカラーボイル。
当店のボイルレースではダントツの人気です。

 さて寝室の反対側にはさらに2室、そのうち一番裏手になる
お部屋は、窓を開けるとすぐにお隣さんのベランダが・・。
 今回Mさまが特に気遣いをされたのがココのカーテンの選択。

 向こうからは絶対見えないで欲しい、こちらからは特に見え
なくてもよいが、まったく塞いでしまうと閉塞感がでるので
うっすらとわかるくらいには見えていたい、風や光はほどよく
取り入れたい・・こんなご要望は、京都市内では日常いつも起
きています。

 そこでご採用いただいたのは、ウェーブロンという素材を
使ったカーテン。カーテンの業界では誰もが知っていますが、
一般の方にはまだまだ知名度の低い商品です。

275-3275-4

 写真でご覧頂くとわかるように、こちらから向こうの視線も
すこし遮られます。景色を楽しむような窓には不向きですが
このようにあえて外を見たいわけではないけれど、光はたっぷ
り取り入れたいという方にはピッタリのカーテンです。
 もちろん、窓の向こうのお隣さんからはこちらの室内は全く
見えません。前回も書きましたが、お隣からこちらの中が見え
ないことは、逆も見えてないような錯覚があるので、お隣さま
にもとても安心いただけます。
 見られても良い、が許されないのって、ひょっとして京都
ならではの感覚?それとも日本人の感覚?でしょうか・・。

 今回はちょっとお話がそれてしまいましたが、このような
お話をさせていただいて、このカーテンを納品させていただ
いたところ、Mさまにはとても喜んでいただけました。

 脱線ついでにお書きしますと、とある同業者さんから、本当
はアイデアやヒントをネットという公の場でお話しすると、
そこだけを拝借するカーテン屋さんがいたり、それを元にネッ
トで買い物を済ませるお客様がいる・・といわれたことがあり
ます。
 そもそもそんな狭い視点でいるならブログなんて書かなきゃ
いいわけですが(笑)、それ以前に、やっぱりファブリックは
目で見て手で触れて選びとるものだと思いますので、CB SOWMは
自信を持って自分のお店をご案内させていただきます。
ご来店いただければ、きっとお分かりいただけると思いますよ!

275-6

 最後に、玄関のウッドブラインドです。お客様を最初に
おもてなしする、いわば第2の表札というべき玄関こそ、自然の
風合を大切にしたアイテムで飾りたいですね。
 モダンなたたずまいと、ナチュラルインテリアがうまく溶け
あったMさまのご新居をご紹介いたしました。
 Mさま、どうもありがとうございました!

インテリアのブログランキングに参加しています。
皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。

にほんブログ村 インテリアブログへ