オーナーズブログ

モダンチャイナスタイルを提案するインテリアショップ Modern China Chic !

こんにちは、京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りするインテリアのブログです。  今日は8月に京都に新しくオープンしたインテリアショップの ご紹介!

278-1

 Modern China Chic(モダンチャイナシック)という名前の このお店、コンセプトは「EAST MEETS WEST~東洋と西洋の融合」。  中国のビンテージ家具(古いものではなんと100~200年も前の ものも!)を中心に、50年前の北欧ビンテージなどの椅子や書棚 をリペアして販売されており、さらに中国の雑貨や食器のブラン ドも取扱うことで、東洋と西洋のインテリアをトータルにプロデュース。  ほかにはない斬新な取り合わせを提案するセレクトショップです。  CBSOWMでは、こちらのお店を開業されるにあたり、壁紙 や床材、ブラインドなどのインテリアコーディネートと内装工事 をご依頼いただきました。  オーナーの青山様には、西洋文化をうまく取り入れながら伝統 を生かした中国の美しいインテリアに触れたときのこと、中国の ショップでの職人の工房のような内装などを熱心にお話いただき、 こちらも自然とその思いに打たれてお手伝いさせていただくこと となりました。  お店の鉄則として、あくまでも主役は商品。インテリアは来ら れる方が気持ちよく商品をご覧になられて、そして商品の魅力の 引き立て役にならないといけません。この点でもオーナー様との 考えが一致して、「シンプルでいて高級感」「自然体でありなが ら美しく」といった、一見、相反する要素を満たせるようにプラ ンを詰めていきました。  そんな感じで工事も無事完了、オープンと相成りましたショッ プですが、僕自身はどういうものが置かれるか実物を見ておりま せんでしたので、こだわりのセレクトには驚いてしまいました。  たとえばこの写真の一角。 278-2  ご説明によりますと、「山東スタイルのテーブル、福建スタイ ルのキャビネット、広東スタイルの花板、上海アートデコスタイ ルのプランタースタンド(花机)に、北欧デザインの巨匠アルネ ・ヤコブセンのセブンチェアを合わせたダイニング」ということ です。これだけたくさんの要素が、淀むことなく引き立てあって いるのはすごい! (もっと綺麗な写真がホームページに紹介されています。詳しく は下記にて。) 278-3

  個人的に特に興味を惹かれたのは、日本ではまだ知られていな い上海のインテリア・アパレルブランド 「jooi DESIGN」。 278-4  デンマーク出身のTrine Targettさんを中心としたブランド チームで、北欧のデザインとカラーを生かした雑貨を、アジアを 拠点として展開しており、中国の伝統工芸と北欧デザインの 融合を試みています。中国製とはいってもしっかりした作りで 色合いや風合いもよく、それでいて価格もリーズナブル。  新しいもの好きな方には是非オススメのアイテムです。  ほかにasianera (アジアネラ)というボーンチャイナのブラ ンドなど魅力的な商品がいっぱい。ですが、これ以上のご説明は ここでお話しているよりも同店のホームページに詳しく掲載され ていますので、ご興味のある方はそちらでじっくりとご覧くださ いませ! モダンチャイナシックのホームページはこちら

http://www.e-modernchina.com/index.php

278-5

Modern China Chic (モダンチャイナシック)

インテリアのブログランキングに参加しています。 皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。 <IMG height=31 alt=”にほんブログ村 インテリアブログへ” src=”http://interior.blogmura.com/img/interior88_31_darkgray.gif”