オーナーズブログ

bottnaのファブリックパネル from マリメッコ

こんにちは、京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」が
お送りするインテリアのブログです。

 今日はファブリックパネルをちょこっとご紹介です。

279-1279-2

 unikkoと並んでマリメッコのアイコン的なデザインと
して親しまれておりますbottna(ボットナ)。 アンナ・
ダニエルソンさんの手によるこのデザイン、bottnaとは
「湖底、海底」といった意味ですが、描かれているのは
大きな蓮の葉。
 大きいほうの葉っぱで直径が60cmくらいあります。

 これだけ大きいデザインだけに、大きなパネルを作る
とすごく見栄えがするのですが、それだけにインパクト
が強すぎてしまう心配もあり。
 しかもこの場所、某大学のキャンパス内にある施設の
ロビー。ですので、人目を引く演出というのではなく、
ちょっと癒しの要素が欲しいところ。ちょうどグリーン
を置くようなイメージで。

 そんなご要望から、あえて細かく分けて3分割で並べる
カタチでご提案させていただきました。色やデザインは
アクセントとして十分機能していながら、出しゃばらな
い方法ということで、すぐにご採用!

 さて、ここからが問題。一番その目的に適った見せ方
は?こだわり派のクライアントさまは、この切り取り方
が成功か失敗かの大きな分かれ道になるとおっしゃられ、
早速パネルの型を作って生地サンプルで検討開始!
 お気づきでしょうか?見本が1枚ずつしかないので、
端っこはカラーコピーです(笑)。

279-3

 今度は実際に製作に必要な生地をお買い上げいただき、
さらにそれを使って再度検討していきます。
 下の写真はまだ生地をいろんなカタチにたたんで
試している状態。パネルの大きさや並べる順番、掛ける
向きなども検討しています。

 わざと一部だけを見せる、とか、綺麗に3つを並べる、とか
いろんな意見が出る中、いろいろお試しいただき、以下の
カタチに決まりました。

279-4

 で、製作にとりかかって完成したものがこちら。

279-5

 壁に穴を開けなくて済むように、ピクチャーレールを
使ってワイヤーで吊っています。壁に密着しないのはやや
難点ですが、掛け替えや並べ替えを想定すれば、やはり
この方法が一番。

 正直に申し上げますと、すべてのお客様に毎回これだけ
の手順はちょっと踏めないかもしれません(汗)。
 いやいや、そんなことはないですね。これが出来るのが
既製品とは違う、オーダーならではの魅力。少々手間ひま
をかけてこそ、「オーダーメイド」=「他にはないひとつだけ
のお気に入り空間」が出来るのです。
 もちろんパネルは自分で作っちゃいますという方には、
生地だけでのご提供もさせていただいております。

279-6

 ぜひ、あなただけのお気に入りスペースを実現してくだ
さい。

 ご採用いただきました○○大学の0教授、少々ご紹介が
遅くなってしまいましたが、このたびは誠にありがとうご
ざいました!

インテリアのブログランキングに参加しています。
皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。

にほんブログ村 インテリアブログへ