オーナーズブログ

マラガと無垢材とアンティークランプ。

こんにちは、京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りするインテリアのブログです。

 スウェーデンのテキスタイルブランド「boras cotton(ボラス)」
の代表的なデザイン「MALAGA(マラガ)」。このブログでも何度も
ご紹介させていただいておりますが、掲載させていただいている
以外にも、本当にたくさんの方にお買い上げいただき、喜ばれて
おります。

 主張しているようでいて、空間にさらっと溶け込む品のよさ。
飽きの来ないシンプルなデザイン。絶妙のコンビネーションで
設計された色づかい。柄物なのに無地のようで、モダンなのに
どこか懐かしく温かみを感じさせる不思議な魅力を持っています。

 これまでのブログでも、北欧デザインと京都のインテリア、
しいては日本の建築や風土、環境との相性のよさについていろい
ろとお話して来ましたが、MALAGAの魅力もまさにこれを表して
います。

 と、前置きのうちに読むのが面倒くさくなられてはいけません
ので、これからはサクサクと進めることにいたします(笑)。
まずは写真をご覧あれ。

284-1

 京都市のOさまのご新居は、木の質感をいかした在来建築の
建物で、壁面に大きく開口をとった開放感のあふれる空間。
この大きな窓に、MALAGAをご採用いただきました。

284-2

 天然素材だけが持つ自然な色合い、素朴な風合いに見事に
北欧デザインがマッチングしています。これだけ大胆な柄な
のに、無地調と言ってしまえるくらいにやわらかなイメージ
を醸しています。

284-3

 このリビングは一部が2Fまで吹き抜けておりまして、階上に
位置する窓には同系のグリーンの無地ファブリックを。
写真は2Fから下を見下ろしたところです。
 同時に見るとうまくバランスが取れていることがわかります。

284-4

 リビングの真上の2室は間仕切られていますが、同じグリー
ンで統一。アクセントとして、ご覧の通り、ペンダントランプが
部屋ごとに変えられています。

284-5284-6

 このランプ、京都のとあるアンティーク専門のランプショップ
でお探しになられたもの。(ご紹介してよいかお聞きするの忘れ
ました・・汗)
 大正時代のアンティークセードを現在の規格に合わせてリファ
インして販売いただけるそうで、どれもがいまなお新鮮なデザイ
ンのものばかり。
 思わず写真をとりまくってしまいましたが、不思議なことに
やっぱり北欧デザインと和のテイストがマッチするんですねぇ。

 続きます。 

284-7
284-8

インテリアのブログランキングに参加しています。
皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。

にほんブログ村 インテリアブログへ