オーナーズブログ

シナサンドの魔法のファブリック「verso」

こんにちは、京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りするインテリアのブログです。

 ごぶさたしてしまいました。GWを前に何かとあわただしくさせていただいております。
連休前にお引越しをお考えのお客様が多いせいか、工事が続いておりまして、ちょっとばかり
筋肉痛でございます(笑)

 さて本日は最近納めさせていただいたご物件の中からkinnasand(シナサンド)の
ファブリック「VERSO」と「ZOE」の組み合わせをご紹介。

295-1

 まずはレース。極細のピンストライプは1色ずつ色が異なっており、配色もいろいろありますが
今回お選びいただいたのはブルーやグリーンを基調としたカラー。多色のグラデーション風で
ありながらもすっきりとしてさわやかな印象で、無地にも柄ものにも無い、やわらかさを持って
います。

295-2

 ご採用いただいた京都市のMさま、こちらの生地をフロントに持ってくる逆吊りのスタイルを
ご希望されました。そこで、同じkinnasandの得意とする豊富な無地シリーズの中から
ひと目見て気に入っていただけたのが「VERSO」。

 まさに魔法のような生地で、しなやかで発色性の良い美しい風合いもさることながら、
一番の魅力はリバーシブルであること。つまり、表と裏がまったく違う色になっているのです。

 今回の配色はスカイブルーとグリーンが表裏一体となったカーテン。あえて少しウラを
見せる留め方をすれば、まるでボーダー付きカーテンになったようなアクセントが生まれます。
もちろん、実際に耳や裾を手前に折り返せばそのままボーダーカーテンの出来上がり。
生地を細く切っていちいちつなぎ合わせる必要も無く、加工コストも抑えられます。

295-3
こんな感じですね。これが1枚のカーテンの表と裏なのです!

 また、もうひとつの特徴として、昼間にカーテンを閉めてみると、表のブルーと裏のグリーンが
交じり合い、さらに美しいブルーグリーン(そのままですが・笑)に!
これは冗談ではなく、写真では伝えきれない美しさなのです。

295-4

 今回は「ZOE」という生地が非常に繊細でデリケートな素材ですので、マンションご購入時
に付いているカーテンレールではすべりが悪く生地がすぐに傷んでしまうため、レールごと
すべて交換ということになりました。見た目もブロンズから建具に合わせた木目調のレールへ。

 生地の美しさもより際立ち、機能的にも装飾性にもいずれにも相応しいものとなりました。

295-5

 ご採用いただいたMさま、どうもありがとうございました。
 無地の厚手カーテンや極薄のレース生地などが持つ美しさは、なかなかカメラに
捉え切れません。ご興味のある方は、ぜひぜひ実際に当店で実物のサンプルをご覧くださいませ。

 今日もお読みいただきありがとうございました。

インテリアのブログランキングに参加しています。
皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。

にほんブログ村 インテリアブログへ