オーナーズブログ

ダブルシェードとプレーンシェードの組み合わせ方

こんにちは、京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

 本日お送りするのは京都府のHさまのご新居。プレーンシェードやダブルシェードですっきりと
お部屋を広く見せたいというご要望はますます増えていますが、レースとの組み合わせ方や
実際の使い勝手などでスタイル選びに戸惑っていらっしゃる方も多いと思います。
 Hさまはいろんなバリエーションを組み合わせることで、機能と装飾性を調和させたスタイリング
を実現され、とっても素敵なおうちとなりました。

305-1

 リビング&ダイニングは、外からの視線があまり気にならないという好条件から、1枚で昼も
夜も過ごせるシアータイプのカーテンをセレクト。
 当店でも売れ筋のkinnasand(シナサンド)「SPLIT」をお勧めいたしましたところ、ナチュラル
な風合いとモダンなデザインに一目惚れ(?)されてご採用いただきました。
 なるべくお部屋を広く使いたいとのことより、枠内付けにしています。(写真には写っていません
が、隣にもうひとつ同じ掃出し窓があり、同じ生地のシェードが並んでいます。)

305-2

 横の腰窓は道路側に面するため、夜間の遮蔽度を高めたいというご要望から、逆吊りのダブル
シェードにしました。奥にナチュラルグリーンのドレープ生地を持ってくることで、やわらかい
緑が浮かび上がり、なんともリラックスした空間になりました。

305-3

 ドレープを降ろしたときに、前のレースを上げてしまうのもまた異なった雰囲気が楽しめます。

305-4

 お二階の子供室です。これもナチュラルなトーンのボーダー柄で、横ストライプがシェードに
ぴったり。建具やフローリングとのコーディネートもバッチリですね。

305-5

 掃出し窓は、バルコニーへの出入りが多いため、ダブルシェードではなく、あえてレースのみ
カーテンで。このほうが、昼間の扉の開け閉めや人の出入りはとても快適です。
また、左側がクローゼットと隣接した構造のため、レースは窓枠内に収め、シェードを額縁の
上に取り付けました。これでクローゼットの扉の開け閉めにも支障が出ません。

305-6

 腰窓の方は、やはりすっきりと枠内収めで。将来的にはこの窓の前に学習机を置かれるとの
ことで、空間を有効に利用するにはベストの選択です。

305-7

 リビングに、とっても可愛い額がかけられました。
ちょっとしたセンスとアイデアで、明るく快適なお住まいが実現できます。
機能とデザイン、どちらも手にすることで、きっと素敵な毎日をお過ごしいただけていることと思います。
Hさま、どうもありがとうございました!

 
 今日もお読みいただきありがとうございました。

インテリアのブログランキングに参加しています。
皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。

にほんブログ村 インテリアブログへ