オーナーズブログ

伝統構法と北欧デザイン シナサンド「MALO」

こんにちは、京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

前々回、「木とあかり、ファブリック。」でご紹介しましたOさま
の「伝統構法」の家、の続きです。

313-1

 お二階には子供室となる広々としたスペースが。ここには1階と
色違いの少し濃い目のファブリックを使ったダブルシェード。
照明はやはりレクリントで、こちらは以前お住まいのおうちから
持ってこられた愛用のお品です。将来的には2室に間仕切りできる
よう設計されており、ランプシェードだけを少し変えられています。
また、写ってはおりませんが横の腰窓には同じ生地でカーテンを
掛けた窓があり、そんなところも間仕切り後の変化を楽しめるよう
工夫いただきました。

313-2

 さて、ベッドルームです。これまでご紹介しましたダブルシェード、
ロールスクリーン(ほかにカーテン、アルミブラインドも一部使われ
ておりますが)すべて無地のファブリックで統一されています。
 が、プライベートルームとなるこの部屋のみ、デザイン、そして
色を加えたファブリックを!とのご要望からお選びいただいたのが、
マリメッコと並ぶ北欧デザインの代表格「シナサンド/Kinnasand」
のプリントカーテン「MALO」。

 このブログの最初のほうでもご紹介しておりますが、ペーパーの
ようなやわらかく温もりのある素材にくっきりとした「赤」で
プリントされた大胆なデザイン。
 驚くのはこんなに大きく、はっきりしたデザインで特徴的な色
使いであるにもかかわらず、木に囲まれたナチュラルな空間に
ぴたりと調和して収まっていること。

313-3

 派手すぎず、主張しすぎず、それでいてしたたかな存在感がある
いう絶妙なバランス、これこそが北欧デザインの愛される由縁で
あり、スカンジナビアと日本がお互いに共鳴しあう部分であると
思います。

 日本(特に京都、)という緑が豊かで景観の美しい街並にあって
自然と調和したデザインを楽しめる幸せが、北欧デザインに息づいて
います。

313-4

 寝室ということもあり、レースには国産のミラーレースを使用。
デザイン面と機能面の両方をミックスさせたダブルシェードで、
外見も機能もともに快適な空間作りを実現しています。

 今日もお読みいただきありがとうございました!

インテリアのブログランキングに参加しています。
皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。

にほんブログ村 インテリアブログへ