オーナーズブログ

サンゲツ新カタログ「ソレイユドゥ」発売!

こんにちは、京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

 今日は予定を変更しまして、昨日1月17日に発売されました
サンゲツの新カタログ「「ソレイユ ドゥ SOLEIL Deux 2008-2010」を
いち早くご紹介しようと思います。

 以前に同じサンゲツの「アリア」をご紹介させていただきましたが
いろいろと反響を頂戴しました。期待ゆえの辛めの評価ということ
でそのままをお伝えしましたが、さて今回のカタログはいかがでしょ
うか?約3年ぶりのリニューアルということでかなり期待に胸が膨ら
みます。

 まずは表紙。

315-1
 インパクトのあるデザインです。ひと目見て決して忘れない表紙。
しかしコンセプトはさっぱり見えてきません(いきなり・・)。
いったいどこに向かってナニを目指したカタログなのでしょうか??

315-2

 と、中を開けてみると、昨年アスワン、川島セルコン、スミノエ
などが発表したカタログに追随するかのように、ダークカラーの
濃い目のアイテムが並びます。ここはなかなか見ごたえのあるシリ
ーズで、さすがサンゲツといった感じのこなれようです。

 サンゲツが最も弱い、カジュアルテイストの商品。いまやカジュアル
は子供部屋に限らず、ダイニングやフリースペースでも活躍する重要な
ジャンル。「子供じみない、大人のカジュアル」は僕がサンゲツで
「AD」の開発に携わったときから標榜していた目指すべき方向性の
はずなのですが・・

315-3
315-4
 結果は無残にも、派手な柄、渋い色、というご年配の方向けの
セクションになっていました(涙)。少しインパクトのある北欧風
(あくまで北欧「風(ふう)」)のデザインも、この価格では
決してリーズナブルとは言えず、キロニーがライセンス生産している
マリメッコよりも高くてはあまり魅力がありません。

 さびしいのは、アリアに続き、またしてもコーディネートや
スタイリングの提案が激減してしまったこと。
たとえばカジュアルの中の継続品のドット柄ですが、前回のソレイユ
の写真では、ボーダー付のプレーンシェードが紹介されており、
当店でも参考にさせていただいていたのですが、今回はバッサリ
削除され、普通のカーテンの写真のみ。これでこのアイテムの
売り上げ減は間違いないでしょう。
315-5
↑これが前回のカタログ(もう見れません)
315-6
↑こっちが新しいカタログ。色数は増えたのですが・・・。

 施工例写真の大切さは散々言ってきたことですが、そろそろ本格的に
考えないといけない時期に来ているのではないでしょうか?
せっかくの素晴らしいファブリックが、写真1枚で死んでしまうのは
あまりにももったいないと思います。
 たとえば、アリアの時も「多すぎるクッションの写真」について
述べましたが、今回もちょっとおもしろい写真がいくつかありますので
ご紹介しましょう。

315-7
 ミース・ファン・デル・ローエのバルセロナ・チェア。ドイツの
定番家具のひとつとして有名ですね。カーテンとのコーディネー
ションによる相乗効果も期待できるところですが、でもクッションに
埋もれて見えません(涙)。

315-8
 真っ赤なソファはアクセント、に成りきれず。
315-9
ああ、せっかくのシンプルモダンが。
315-10
・・もはや座れません。

これでは、到底インテリアコーディネートとは呼べません。
 業界NO.1ブランドの2008年の最新カタログの写真がこれで済まされて
いるというのは、インテリア業界にとって本当に一大事だと思います。
いくら商品が素晴らしくても、これではインテリアの幸せを感じていただく
ことは難しいでしょう。

 ・・と、今回もかなり辛口批評になってしまいましたが、個々の
アイテムには良いものも充実しています。

315-11
 シャンブレーの無地シリーズでの多色展開はどれも使いやすい
色調で、幅広く提案できそうです。

315-12
 麻使いのナチュラルなボイルのシリーズ。色目もデザインも
相当いいです。こんな小さな枠では勿体無いほど。是非お店では
大きく展示したい商品です。

315-13
 タイ製の無地カーテン。光沢とナチュラル感が絶妙です。この
風合いでウォッシャブルなのもうれしいです。

 こんなふうに、ひとつひとつのアイテムを取ってみれば、
さすがとうなずけるものも多く収録されています。

 当店では、吟味を重ねた商品をサンプル展示し、メーカーや
ブランドに良い意味でこだわることなくお選びいただける
セレクトショップとしての展開を心がけていますので、サンゲツ
ファンの方も、そうでない方も、ぜひ一度ご相談くださいませ。

 今後も新しいカタログや商品を、いち早くブログで紹介して
いきますのでよろしくお願いいたします。

皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。

にほんブログ村 インテリアブログへ