オーナーズブログ

バーチカルブラインド&ロールスクリーンのコーディネート

こんにちは、京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

 お待たせしました。さらに続きです。

 全体にシンプル&ナチュラルを基調としながらも、白ばかりではなく巧みに「色」を取り入れた
おうちであることは、前回、前々回のふたつの子供部屋をご覧になっておわかりいただけたの
ではないかと思います。

 ではそのほかのお部屋をご覧いただきましょう。まずはベッドルーム。

323-1

 バルコニーへ繋がるテラス窓には、出入りのしやすさと縦長のスタイルを考慮して
バーチカルブラインドを。ダーキッシュな建具(ここには映っていませんが、ダークブラ
ウンのクローゼットもあります)と、ニッチに張り込まれたブラウンのクロスにあわせて
シックなベージュグレーのファブリックをチョイス。

 建具や床とカーテンをまったく同じにする方法もありますが、あえて同じ濃さにせず、
建具、カーテン、クロスと徐々に淡い色調へと段階を踏ませることで、バランスの良い
空間にまとめています。

323-2

 もう一方の腰窓には、バーチカルと同じ色のロールスクリーン。こちらはこれまで
の当店のブログにも多数登場しています、「マイテックシーズ」というレーザーカット
のスクリーン。片側の端に連続した円が、ドットの穴で抜かれています。

323-3

 間接照明の柔らかな光と、壁より濃いめのスクリーン、そしてそこに打ち抜かれ
た模様だけで、スタイリッシュな壁面が現れました。

 
 最後にリビングダイニングをご紹介。

323-4

 インナーテラスとの仕切りにはバーチカルブラインドを天井から。カーテンのような
たたんだ時の溜まりもなく、ボリュームをおさえた空間作りが可能です。
 こちらのファブリックは、広がりを充分に感じさせるためと、昼間の太陽光を存分
に取り入れるために、あえて壁面のクロスに近いアイボリーで。

323-5

 反対側の壁面。空間を引き締めるためにアクセントクロスのグレー色を配され
ました。そして、その壁面にある小窓には、バーチカルブラインドと同じ色のアイ
ボリーのロールスクリーン。

 同じ色の生地でバーチカルブラインドとロールスクリーン。それぞれの窓に適した
使い勝手を考えてスタイルを決めることは非常に重要で、毎日の生活を快適に
するためには絶対必要な部分です。
 しかしながら、色もまた快適な空間作りには欠かせない要素。

 1つのアイテム、1つのメーカーといった観念にとらわれず、数々のメーカーを見て
豊富なバリエーションから選べば、きっとその両方を満たせるコーディネートができ
ます。スタイルと色、どちらにもこだわって、より魅力的なウィンドウスタイリングを
お楽しみください。

今日もお読みいただきありがとうございます!
皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。

にほんブログ村 インテリアブログへ