オーナーズブログ

ウッドバーチカルブラインド

こんにちは、京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

 昨日の展示会のもう1件、タチカワブラインドです。

今年の新製品の目玉は「ラインドレープ・モダンウッド」、つまり木製の縦型ブラ
インドです。設計の先生方の間ではナニックの「ウッドバーチカル」が有名ですが、
一般住宅ではまだまだ需要の少ない商品。これを機に脚光を浴びる可能性も
大いにありそうな気がします。そのくらい会場でも目を引いていました。

329-1

 カラーは普通の木目の方が、白などのペイントより断然いいですね。また、
同じ縦型ブラインドを発売しているナニックや東京ブラインドのものより、なんとなく
薄く感じました。スペックとしては同じ5mmだそうで、ナニックはGシリーズという
4.2mmの薄型も持っていますが、フィンガージョイントのためやや木目のきれい
さには欠けるところがあります。

 ところが今回登場のタチカワ版は3mの高さまで一枚板で作れるそうです。
それがスッキリと薄く見える原因かもしれません。
 が、そうなると今度は反りやよじれのクレームが心配です。なぜナニックが
ヒンジをいれたりフィンガージョイントにしているかを考えると、タチカワの
この試みはクレームの怖さ知らずであえてチャレンジをしているのか、
本当に自信を持って原料の買い付けを行ってきたのか、まだ判断しかねます。

329-2

 これから浸透して販売が増えるとみえてくることもあるのかもしれません。
操作性については従来のバーチカルブラインドのツーコントロールタイプと
同じで、非常に軽くスムーズに動かすことが出来ました。
 高級感と開放感を備えた点も大変魅力的ですので、木をふんだんに使った
住宅、シンプルでありながら重厚感もほしいという方には是非お奨めいたします。
見た目の迫力は文句なしで、かつ非常に美しく温かみのあるアイテムでした。

329-3

今日もお読みいただきありがとうございます!
皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。

にほんブログ村 インテリアブログへ