オーナーズブログ

バウマンとシナサンドの素敵な出会い

こんにちは、京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

 本日はクリエーションバウマンの人気アイテム、バーチカルブラインドから
「suez」のご紹介です。

332-1

 2階の廊下から俯瞰で見下ろしてもやっぱり美しいバウマンのバーチカルブラインド。
これが自分の家だったら・・なんて不謹慎にも羨望のまなざしでシャッターを押してしまい
ました(笑)。

 ・・・と、ご紹介するのは良いのですが、実はこの商品は当店でお納めした
ものではありません(汗)。でも、ご紹介しちゃいます。

 実は、京都府相楽郡の閑静な住宅街にご新築されたTさま、インテリアを
お決めになるにあたり、ずっと当店のブログをご愛読いただいていたそうです!

 その中でもっとも心を惹かれたのが、このバウマンのバーチカルに関する
記事とのこと。惹かれられたというのは正確には記事にではなく、バウマンに、
ですが(笑)。

http://blog.so-net.ne.jp/cbsowm/2007-02-07
http://blog.so-net.ne.jp/cbsowm/2006-10-23

この2つがそうなのですが、これを読んでバウマンに惚れこみ、採用されました。
今回はハウジングメーカーさんとのお取り組みの中でご購入なさった
ということで当店での納品にはなりませんでしたが、バウマンの素晴らしさを
一人でも多くの方に知っていただきたいという思いから、書いておりましたので
本当に素直に嬉しく感じてしまいました。

 そして、お引渡しを済まされ、他のお部屋のご相談にと初めて当店にご来店され
このお話をお聞きしたというわけです。当店にお買い求めに来られ、わざわざブログ
の感想を伝えに来ていただけるとは、本当にこんなに嬉しいことはありません。
書いててよかった。。。と泣けてくる瞬間。

 さて私のことはこのくらいにして、とにかくまずはそのバウマンのブラインド
をご覧いただきましょう。

332-2

 大きなテラス窓から吹き抜けへとつながるダイナミックな開口部を、真っ白な
バウマンのルーバーがやはり整然とならんでいます。この均一なピッチ、
ゆらぎのないフォルムは本当に国産のバーチカルとは次元の異なる美しさ
です。

 そしてリビングには最近流行の極細のスリット窓。ここをいかにして隠すか
が、今回当店へご相談に来られた最大のお悩みだったそうです。

332-3

 「白」をベースにしつつも、無地では面白みが無く、かといってバウマンの
[Suez]をぶち壊しにするようなデザインも避けたい。そんな悩みを解決して
くれたのが、シナサンドの[SPLIT]という布。コットンをベースにオパール
加工でスリットを入れた、光を通して得られる柔らかさがポイントの商品。

 そうです、バウマンのSuezも、やはりスリットを通した光とのお付き合いが
最大の魅力。同じポイントをうまくおさえた商品で、見事お部屋に統一感
を与えてくれています。

332-4

 これがシナサンドの生地「SPLIT」です。
 仕様はフラットの仕上げで突っ張り棒に通しただけのシンプルなもの。
わずか30cmほどの空間にちょっと手をくわえるだけで、バウマンのブラインド
や、カッシーナ・イクスシーの家具、お部屋のすべてがより一層映えてきます。
 こんな細部にまで手抜かり無くこだわりをみせるTさま、繰り返してしまいますが
ほんと羨ましい限りです・・・。

 このTさま邸のご紹介は、リビングだけじゃないんです。まだまだ続きます
ので乞うご期待です。

今日もお読みいただきありがとうございます!
皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。

にほんブログ村 インテリアブログへ