オーナーズブログ

マリメッコのある食卓

京都のカーテンショップ CB SOWMがお送りするインテリアブログです。

 今日は京都の街中にあるデザイン住宅をご紹介。

356-1

 素敵なランプに照らされた、マリメッコのテキスタイルがキュート!ですね。
グリーン系のお好きな奥様ですが、きわめてシンプルでスタイリッシュな空間だからこそ、
色が映えます!

 ダイニングテーブルから少し離れたリビングスペースには、やはりグリーンが映える
クリエーションバウマンのバーチカルブラインド。京都の町屋を立て替えただけあって、
吹き抜けには築80年の旧家の梁を化粧梁として再利用されたそうです。(窓の上の
梁です。)

356-2

 バウマンだけが持つ特徴である、端から端まで羽根のピッチが揃う気持ちよさ。
実は国産のバーチカルブラインドは、必ず最後の1枚が帳尻あわせのために
少々だぶついた格好になってしまいます。その点バウマンはどんなサイズでも
きっちりと等間隔。この美しさは実際に取りつけて初めてわかります。

356-3

 このブラインド、実はグリーンといっても、ターコイズ系とイエロー系の2色の
グリーンが表裏一体となった特殊な織りで出来ています。画像ではわかりにくい
のですが、見る角度や回転の向きにより、異なる2色のテイストをお楽しみ
いただけます。

 356-4

 そして、やわらかい北欧のグリーン、大胆なモチーフの生地は、marimekkoの
「PAIVANTASAAJA」という、生地幅いっぱいに表現されたデザイン。
 生地の隅には、marimekkoの文字と並んで、デザイナー名(ERJA HIRVI)も
記載されており、ここを縫わずに吊るすのもいい感じです。
 今回はトーソーのワイヤーレール「コルーナII」を利用し、リング付きのクリップで
留めています。これなら季節によってテキスタイルを換えるのもカンタン!

356-5

 京都の町にも自然と溶け込んでしまう北欧デザインの不思議。
 共生地で親子サイズのクッションを作り、さらに余った生地でテーブルランナーを。
床に生地を広げて、どの場所をどう使うか、オーナー様、ハウスデザイナー様と
ご一緒に、あれこれ考えてのコーディネートでした。こんなダイニングなら、食事も
さらにさらに美味しくいただけそうですね。

 とっても素敵なこのおうちのプライベートルームはまた次回!

 
今日もお読みいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
↓↓ここをクリック↓↓みなさまの応援をお待ちしております↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ

     thank you !

にほんブログ村 トラコミュ ファブリックへ
ファブリック