オーナーズブログ

3連のダブルシェード

今日はマンションでのダブルシェードをご紹介。

363-1

最近のマンションはテラスに向かって横長にレイアウトされたリビングが多く、
開口部もあわせて横長になっています。横幅が3mを超えるものも珍しくありません。

シェードのよさは何と言っても開けたときの「すっきり感」。幅3mを超えるカーテンは、
開けたときの左右の「たまり」が非常にボリュームが出てしまい、お部屋が狭く
感じることがしばしばです。

 今回のお客様は、FEDEインターナショナルのナチュラルなストライプのカーテン生地を
選ばれており、横ストライプがシェードとの相性もばっちり。FEDEは、こだわりがありながら
使いやすく、飽きが来ないシンプルさが魅力。
 HPはこちら → http://www.fede.co.jp/fedeintr/FP3404.html

363-2

 レース生地はクラッシュ(シワ加工)との組み合わせで出来た、これもシンプルな
ドットの刺繍。ナチュラル、といっても天然素材の無地ものばかりではなく、このように
光沢のある糸での刺繍といったようなエレガント&キュートなデザインもやっぱり
ナチュラルとして人気があります。
 このレースは国内メーカーであるアスワン製ですが、京都でも限られた一部のお店で
しか買えない、ちょっとレアなカタログからお選びいただいております。
 
363-3

 シェードを窓に対し分割した場合、すべて開けずに段違いで留めておくと、お部屋の
中にちょっとしたリズムが生まれます。もちろん出入りの多い窓だけ開けておく、
といった利便性もありますので、シェードでも少しアクセントが欲しいと思われる
方にはぜひお奨めのスタイルです。

今回もお読みいただきありがとうございます!
皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。

にほんブログ村 インテリアブログへ