オーナーズブログ

ロバータ と ダニー

今日はちょっと文体を変えて。。。音楽の話でも。

394-1

 この業界に入ってまだ間もない頃には、自分の生活空間が将来
どんなふうになっていくかなんて想像がつかなくて、あれこれと想いを
巡らすくらいしか出来ないでいた。

 音楽もその空間の演出の一部だと考えたとき。
 たとえばロバータ・フラックとダニー・ハサウェイという素晴らしい
ヴォーカリストが極上のデュエットを奏でる、この奇跡のような
アルバムは、きっと、夜景の見えるレストランとか、海辺のホテルの
バーとかで聴くと最高だろうな、と、思っていた。
 裏を返せば、いくらいい音楽を流しても、お部屋がヒドイことに
なっていたら、それはそれで最悪だろうな、ということでもあった。

 けれども、実際知らないうちに歳を重ね、インテリアへの
興味を深めていくと、知れば知るほどわからなくなる。

 そんなときも、このアルバムの二人は、僕自身が住む部屋で、
お店のBGMとして、ドライブのお供として、何かを語り続ける。
 キャロル・キングやライチャス・ブラザースの有名な曲をお互いの
個性を存分に発揮しつつ、でも決してぶつかることなく歌い上げていく
二人の生み出す世界。

 そこに、なにを見出すかは、聴く人のひとりひとりすべてが
違うはず。くつろぎ、憩い、情熱。 誇り、瑞々しさ。

 こんな音楽が流れるのはこんな場所でなければ、というのが
間違いで、こんな音楽が自分は好きだ、っていうのが解ったときに、
好みのインテリアに一歩近づけるのでは?と、ようやく気づいた。

 音楽、というのは例えであって、それはカーテンでもイスでもなんだって
いいのだけれど。
 最後のトラック「mood」は、ロバータとダニーがピアノだけでデュエットする
歌の無いナンバー。
 そこには、幸せな コーディネート がある。

Roberta Flack & Donny Hathaway

394-2

ロバータ・フラック&ダニー・ハサウェイ

  • アーティスト: ロバータ・フラック, ダニー・ハザウェイ
  • 出版社/メーカー: イーストウエスト・ジャパン
  • 発売日: 1996/10/25
  • メディア: CD
 

 

please click here →      thank you !