オーナーズブログ

ボーダーシェードでちょっと大胆に色を楽しんで!

京都のカーテンSHOP「シービーソウム」がお届けするインテリアブログです。  ちょっとだけ暖かくなってきましたね。さすが、暦は簡単には嘘をつきません。  今日ご紹介させていただきますのは、京都市内にご新築のFさまのお住まい。 すこし高台になり、視線も気になりにくいとのことで、お引越し後数ヶ月はカーテン 無しで過ごされていました。  CBSOWMでは、そういうお客様がすごく増えているのです・・^^;  無垢材の床、造作家具など、自然のぬくもりを感じるインテリアに、少し モダンなテイストを取り込みたい、ともすれば安っぽくなりがちな、無難な ナチュラルにはしたくない、、そんなイメージでご相談いただき、スタイル としてはシェードに落ち着きました。  そこから、いろんなバリエーションを模索して出来上がりましたのが こちらです。  同じ生地の色違いを「2つの窓に4色」という大胆なアレンジでシェードに お仕立てしました。色の組み合わせはもちろんF様がご自宅で何度も ご検討されたもので、最終的なお色目や面積比なんかの調整をお手伝い させていただきました。  ダイニングサイドは、アイボリーにオレンジの組み合わせ。 オレンジを取り入れたいというご希望はお持ちでしたが、インパクトが強 過ぎないかご心配でしたので、5分の2程度に面積を抑えています。 なぜ5分の2なのかといいますと、後ろで引っ張るコードのテープと、 生地の境の継ぎ目を同一線上にすることで、縫製の仕上がりを美しく 見せる意味もあるからです。  リビングサイドには、マスタードと紫という補色をアグレッシブに組み 合わせ。さらにオレンジとの調和も色相で考慮いたしました。  写真でみるよりもかなり広いスペースですので、実際に視界には 片方のシェードしか入らない感じです。カーテンそのものが壁面の アクセントカラーになり、それぞれの空間に味わいをもたせています。  レースカーテンは枠内に取付。出入りのしやすさを優先したスタイルです。 生地はドイツのADOのクラッシュストライプ。柔らかな色調がシェードの 濃色を和らげてくれました。  シャッターを下ろして撮影させて頂きました。夜の感じはこんなふう。 透過の無いぶん色が押さえられ、よりシック・モダンな印象のリビングに なっています。  Fさまの思い描かれたものに、こんなカーテンの色やパターンは無かった そうですが、結果的にお望みになられていたことについてはすべて実現 出来たのではないかと思います。  時にはちょっと大胆に。それがステキなインテリアの第一歩なのかも?!  Fさま、このたびはどうもありがとうございました!!  ブログランキングに参加しています。下のバナーどれかひとつを押していって下さい↓  facebookをされている方はCBSOWMのフェイスブックページにも「いいね!」してくださいませ! (ボタンを押した後、CBSOWMのfacebookページにある「いいね!」ボタンを再度押して下さいね) にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ インテリアファブリックへ